層雲峡へ

7月27日

マラソンの疲れもまだあるけど明日は大雪山へ行くことにしたので前日層雲峡へ

途中、北見に行くとき雌阿寒がみえたと思ったら噴煙が上がってる?
雲にしてはおかしいな~
噴火してるわけではないようだけど大丈夫か。

あとでわかったけど噴火レベルが2に上がり
7合目から上は立ち入り禁止になったらしい
7合目なら阿寒富士は登れるんだろうかヾ(・ω・o) ォィォィ
どっちにしろこの前登っておいてよかった( ´△`)

北見辺りで雨が降ってきたので峠を超える前に塩別つるつる温泉に行きます
いつの間にか新しくなってたんだね(ホテル側)
温泉のほうは前のまま
比布岳・アンギラス 003

ここのお湯は名前の通りつるつるです
ph9.7だったかな、カランも温泉なのでうがいをすると口の中もつるつるだけど( ´△`)
食事セットを買ったのでご飯にします
豚丼をたのんだのに鍋がきたから
あ、違いますよ、と言ったらこれがそうだという
てっきり宿泊者のものと間違ったのかとおもった( ´△`)

自分で焼いて、温泉卵にからめて食べるらしい
これで500円は安いね~、肉は普通だけどヾ(・ω・o)
比布岳・アンギラス 005

層雲峡に着きました車中泊は10台くらい
テレビが入らないので早々に寝ようかなとおもってたら
ドーン!とデカイ音が
比布岳・アンギラス 008

そうだ、ここは毎日花火が上がるんだった
車の中にいた人達も皆外に出てきました
時間は短いんだけど、そこそこキレイです

バッテリーがなくなり最後のいいとこが撮れてなかった( ´△`)
[広告] VPS


~つづく~


スポンサーサイト
2015-07-31(Fri)
 

釧路湿原マラソン 

7月26日

今日は釧路湿原マラソンです
朝から霧雨、気温は16℃肌寒いです
湿原マラソン 001

参加賞が食べ物になってる
今までのバッグやポシェットは不評だったからこっちのほうがいいね
湿原マラソン 003

今年も川内選手がきてます、5回目だとか
湿原マラソン 004

準備運動がはじまりました
が霧雨がふってるんで皆、中やスタンドにいます( ´△`)
湿原マラソン 009

今回はRさん、Mさん、Hさんオレの4人、皆10kmです
オレンジ3で写真を撮ってと言ったらHさん自分も入ると写してました
湿原マラソン 014

30kmがスタート
今年も川内選手が独走かな
湿原マラソン 012

吹奏楽もスタートを盛り上げます
湿原マラソン 013

10kmのスタート
今回は皆ゆっくり行くということで後ろに並びます
湿原マラソン 017

1km7分ペース、これなら写真を撮る余裕もあります
湿原マラソン 018

Hさんが後ろにいたので前に来てもう1回( ´△`)
湿原マラソン 019

5km地点で34分くらい、
ここでRさんが飛び出し1時間以内を目指しどんどん抜かしていきます
7kmくらいの給水所でMさんがスピードを上げたんで付いていきます

このおじさん走ってる時は何を書いてるかわかんなかったけど
あとで読んでもよくわかりません( ´△`)
湿原マラソン 020

トラックに入ったところでMさんがスパート
オレはもうその余力はありません( ´△`)
15秒遅れでゴール
それでも1時間2分台だったんで前半マジメに走れば1時間内もあったね
Rさんは56分、後半の5kmは23分くらいで100人以上抜かしてきたとか
網走マラソンの練習ということで10kmくらいなら筋肉痛にもならないようです

しばらくするとHさんもやってきました
後ろには30kmの川内選手が迫ってます
なんとか川内選手には勝った?ようです( ´△`)
湿原マラソン 023

[広告] VPS


川内選手はトップでゴール
今日は気温が低いせいかゴール後倒れこんではいなかったね
今日の最高気温は18℃だったとか
湿原マラソン 028




その後、ぼくぜんで焼肉
やっぱりぼくぜんの肉は安いしおいしい
湿原マラソン 030

メルマガ登録でアイスももらえます
湿原マラソン 031

その後、大喜湯に入ります
風呂から上がりまたアイス( ´△`)
湿原マラソン 032

それを見てRさんも食べます( ´△`)
湿原マラソン 033

今年の大会はロクに練習もしなかったけど登山と自転車のせいか
なんとかなったね、でも太ももがちょっと筋肉痛
もう少し体重が減ればもっと楽なんだろうけど

・・・と毎年言ってる( ´△`)

2015-07-27(Mon)
 

羅臼岳③

分岐から羅臼コースへ

やはりまだまだ雪渓があるね~
羅臼岳 085<

屏風岩も見えます
羅臼岳 086

みたかんじ足跡は1人か2人、今日のものかどうかはわかりません
軽アイゼンをつけておりてみます
去年よりも雪がやわらかいんでなんとかなるけど
ロープは離せないね~
このロープは道迷い防止の目印なんでホントはつかまってはいけないロープ
羅臼岳 088

下りたところでもう1本のロープと足跡
こっちは羅臼平に行くルートのようです
せっかく下りたのにまた登るのか( ´△`)
羅臼岳 090

今度は斜めなんでちょっと大変
で登山道に合流
横にくれば10分もかからなかったね
でもとんでもないところに出るのはイヤなんでしょうがない
羅臼岳 091

でまたハイマツの中を行きます
羅臼岳 094

また雪渓、ここは登山道が出てるのでちょっとしか通りません
でも汗だくなので雪の上で休憩
羅臼岳 095

シャツを着替えます
半袖だけどこれを着ます、一応ここも百名山だし( ´△`)
羅臼岳 097

羅臼岳 098

暑いので雪玉を持ってこれを顔や腕にこすりながらいきましょう
これがけっこういいかんじで暑さがやわらぐ
思えば前はよくやってたっけ
羅臼岳 102

大沢の雪渓でまた作り持っていきましょう
羅臼岳 103

高度が下がるにつれだんだん気温が上がります
前に熊に威嚇された付近では木の上も注意しながらいきます
場所はおぼえてないんだけどこのくらいの木の上にいたからね( ´△`)
羅臼岳 105

16時頃ゴール
羅臼岳 108

ずっと半袖だったんで露天風呂にいきます
羅臼岳 109

ライダーが2人入るところで熱いと言ってる
ここは3段になってて一番下はぬるいはず
と思って入ったら熱い( ´△`)

よくみたらパイプが1本増えてて2段目からもそそがれてる
なので2段目が一番熱いので一段目に入ります
がここは小さい虫がいて湯船から上がると刺される( ´△`)

もともとはここが一番熱かったんでずっと入ってるわけもいかず
早々に上がります

そんなかんじで羅臼岳も終了
次の日なんか痒いな~とおもったら足が10カ所以上刺されてて赤くなってる
蚊やブヨよりも強力なかんじで4日たってもまだ痒いし薬もあまり効かないみたい

あの露天風呂はもう入らないことにしよう( ´△`)

[広告] VPS


2015-07-25(Sat)
 

羅臼岳②

雪渓のところでは皆、軽アイゼンをつけてました
足跡が階段のようになってるので夏靴でもいけそうだけど
滑って転んだらちょっと止まらないかんじだね
羅臼岳 036

前の人達がとっても慎重に登ってるのでなかなか進みません
ちょうどリスを発見したのでその撮影をすることにします
羅臼岳 043

雪渓を越えると花が見えだしました
羅臼岳 049

羅臼平に着くと少し涼しくなりました
がすぐに藪の中の道を歩くので暑いです
羅臼岳 050

岩清水、これが飲みたくてがんばってきたようなもの
が水量が少ないんでペットボトルに溜めるのにけっこう時間かかった
羅臼岳 055

ここから上はさらに花が増えます
羅臼岳 064

最後の岩場を越え
羅臼岳 069

登頂、風がそこそこあり涼しい、ずっとここにいたいね~
羅臼岳 070

モヤってて遠くまでは見えません
羅臼岳 076

凍ったジュースが売り切れだったんでアイスBOXと凍ったマンゴー
どっちも溶けてたね( ´△`)
羅臼岳 075

だんだん人も多くなってきたんで下山します
羅臼岳 077

めっちゃ鳴いてる鳥がいました、ノゴマかな~
羅臼岳 080

まだ時間はあるんで去年ガスで全く見えなかった羅臼コースの雪渓も見てみます
最初はハイマツの中を行きます
こっちから来る人はほとんどいないんで荒れ放題
羅臼岳 084

~つづく~

2015-07-24(Fri)
 

羅臼岳

7月20日

今日は仕事を終えウトロまで行きます
道の駅に車を停めオロンコ岩に登ります
羅臼岳 112

知床連山も見えてます
羅臼岳 117

夕陽が沈みます
羅臼岳 127

明日までは天気がいいとのこと
羅臼岳 133

駐車場は50台くらい、ほぼ満車(1つおきに間は空いてる)
こっちの駐車場は4台
なぜかというとこっちはホントはダメだから( ´△`)
羅臼岳 143

そろそろ暑いので扇風機を持ってきました
窓を開けたらうるさくて寝れないからね
昼間は暑かったけど夜はそうでもなかったんでちょっとしか使わなかったけど
羅臼岳 148

星を撮ったけどいまいち、なんか設定が悪いんだろうね~( ´△`)
羅臼岳 147

7月21日

コンビニに寄って登山口へ
もう路肩に並んでる、まだ6時前なのに
でも5台目だからまぁいいけど
羅臼岳 001

早い人は4時前に出発してる、熊、気にならないんだろうか( ´△`)
羅臼岳 002

30分くらいで汗。今日も暑くなりそうです
羅臼岳 007

この岩峰にいける道があったので行ってみます
羅臼岳 011

こんなところにレリーフがあったんだね
羅臼岳 013

弥三吉水、ここに水場があるのはいいね~
顔を洗います
羅臼岳 019

極楽平からピークがみえます
まだまだ遠いね~
羅臼岳 020

知床五湖の木道もみえます
いつみても不自然な人工物
これのおかげで観光客が来るんだろうけど( ´△`)
羅臼岳 026

大沢まできました
話には聞いてたけど雪渓がまだまだある
軽アイゼンをつけます
羅臼岳 031

~つづく~

2015-07-22(Wed)
 

達古武キャンプ

7月18日

今日はHさんがまたキャンプに行くということでオレもあとから合流
場所は達古武、、もう常連だね( ´△`)

オレは車中泊ということで入場料の100円だけ、安っ
達古武キャンプ 003

今日は雨の予報なんでタープを張ります
達古武キャンプ 005

すでにたき火してる、上の鶏肉はふいんきらしい( ´△`)
達古武キャンプ 006

夕食はすき焼き
達古武キャンプ 007

海産物も少し
達古武キャンプ 008

肉がなくなると豆腐やウインナーを入れてます
油揚げを入れるのがH家の定番らしい
達古武キャンプ 009

今回はフリーサイトを借りたということだけど誰もいません、
端のほうにライダーが2人いただけ。貸切り状態
逆にオートサイトのほうが混んでて隣との距離が近かったね
達古武キャンプ 016

管理棟にシャワーがあるので入ります
5分100円
達古武キャンプ 018

Mちゃん、皿を持ったまま寝てます
達古武キャンプ 020

夜中にカラカラ音がするので起きてみたら空き缶を入れた袋が移動してる
たぶんキツネだね、なぜゴミ袋じゃなく空き缶のほう?
ゴミ袋は無事なんで椅子の下に隠して寝ます

朝起きたら、ゴミ袋がない、
と思ったらキャンプ場の端のほうで散らかってる
明らかにうちらのゴミ
キツネがひっぱっていってカラスが散らかしたんじゃないかと
しょがないので拾います
昨日にうちにゴミ箱に持っていけばよかったね( ´△`)
達古武キャンプ 021

犯人はコイツ、ずっとウロウロしてます
達古武キャンプ 023

朝ごはんはHさん作親子丼
焼きとりの缶とたまねぎのドライフーズを混ぜて卵でとじたもの
これはかんたんでいいね~、山メシで使えるかも
子供達には不評だったけど( ´△`)
達古武キャンプ 024

ラーメンは食べてました( ´△`)
達古武キャンプ 027

夜に降ってた雨も上がり気温が上がって暑いくらい
達古武キャンプ 030

お姉ちゃんが遊んでくれないとイジける妹( ´△`)
達古武キャンプ 032

そんなかんじで無事終了( ´△`)
達古武キャンプ 033

ここのフリーサイトは穴場かもしれないね~

2015-07-20(Mon)
 

雌阿寒岳②

分岐から阿寒湖コースへ

今日は3人くらい登ってるのかな~
雌阿寒岳 067

すると遠くに4~5人
雌阿寒岳 078

近くまで行くと、1人来て、
すいませんNHKなんですけどインタビューいいですかと
「にっぽん百名山」の撮影班だという

ブログでさえ顔出ししてないのにテレビかー、まぁどうせカットされるでしょう
ということで雌阿寒岳の感想などを適当に言っておきました
放送日は9月ということなんで一応はチェックするけどヾ(・ω・o) ォィォィ

森林地帯に入ると風が通らないのか暑くなってきた
雌阿寒岳 080

雌阿寒岳 083

雌阿寒岳 088

で登山口へ、自転車はちゃんとあります
雌阿寒岳 089

靴も持ってきたので履き替えスタート
雌阿寒岳 090

が林道の砂利がけっこうジャマ
下りなんでスピードをだそうと思っても前輪が暴れる
それを押さえるのに腕が筋肉痛
雌阿寒岳 091

やっと国道に出ました
でもここから足寄峠を越えないとなりません
雌阿寒岳 095

車ではたいしたないと思ってた坂も自転車だとキツイ、修行のようです
雌阿寒岳 097

峠からは一気に下ります
でも風がぬるいのでシャツが乾くまでにはならないね~
雌阿寒岳 098

下るとまた登り、ここから6kmくらいなんだけどこれが長い
気温は30℃近いしアスファルトの照り返しがムワッとする
一番軽いギアにしてるんだけどめっちゃ遅い
雌阿寒岳 100

野中温泉まで行けば水道があるんで最後の水を飲みラストスパート
でも全然進まない
これは歩いたほうが早いんじゃね?ということで途中から押して行きます
雌阿寒岳 099

やっとのおもいで水道へ
するとおばさんが犬の足を洗ってる、念入りに
アホか、犬の足なんかどうでもいいわ( ´△`)

こっちは脱水症状になるかというのにヾ(・ω・o) ォィォィ
なのでちょっとタオルを濡らしてもらいます~ってかんじで横はいり
おばさんがいなくなったとたん顔を洗い、水をがぶ飲み( ´△`)
ここからオンネトーまでは下りなんで一気に行きゴール
いや~長かった~というか暑かった( ´△`)
雌阿寒岳 103

この縦走はもうやらない( ´△`)
雌阿寒岳 106


[広告] VPS
2015-07-19(Sun)
 

雌阿寒岳

7月11日

今日は雌阿寒に行きます
なんでも十勝岳と雌阿寒岳の火山活動が活発してるとか
行けるうちに行っておこうかなと

前日、阿寒横断道路から行きます
雄阿寒岳と一番星かな
雌阿寒岳 002

コンビニでビールを買い隣の駐車場で車中泊
ここは有料なんだけど夜は誰もいないようです
何台かキャンピングカーもいました

朝、まず阿寒湖コースの登山口までいきます
ここに自転車をデポして反対側から登り自転車で戻る予定
林道と峠を越えないといけないのでちょっとしたチャレンジです
雌阿寒岳 006

オンネトーを通るころには陽が高くなってました
雌阿寒岳 011

7時キャンプ場登山口から行きます
雌阿寒岳 012

気温は15℃くらい、登山にはちょうどいいかんじ
雌阿寒岳 014

ギョリンソウじゃない?小さいけど
雌阿寒岳 015

ピンクテープがいっぱい
たぶんあちこち歩かないでここを歩けということなんでしょう
雌阿寒岳 021

今年買ったザックは後ろのチャックを開けると中からモノが出せるらしい
これはいいかも、上からなら時間かかるしね
雌阿寒岳 022

阿寒富士が見えてきました
雌阿寒岳 024

コマクサも咲きはじめてます
雌阿寒岳 030

ザックをデポして阿寒富士へ
雌阿寒岳 032

雌阿寒を見るならやっぱりここからじゃないとね
雌阿寒岳 034

雄阿寒も見えます、後ろは斜里岳かな~
パンとコーヒーを飲んで下山します
帰りは15分くらい、あっという間です
雌阿寒岳 038

阿寒富士と青沼
雌阿寒岳 057

阿寒湖方面
雌阿寒岳 059

あと5分も行けば頂上だけど行きません
景色は同じだからね
分岐から右に下ります
雌阿寒岳 061

三度笠?江戸時代からタイムスリップしてきたのかな
雌阿寒岳 056

ザレ場をきたせいか足が痛い
皮がむける前にテーピングしておきましょう( ´△`)
雌阿寒岳 066

ピークには人が溜まってきたようです
雌阿寒岳 068

~つづく~

2015-07-17(Fri)
 

斜里岳②

頂上に30分くらいいたら先ほどの隣の車の人がきました
この人はパラグライダーで墜落して3年の入院の末、復帰したとか
で今度は百名山、すごい人だ
一緒に下山します
がしばらくしてツアーで詰まる
武佐岳・斜里岳 121

30くらいいて全然抜かせない
一応何組かに分かれてるようだけどつながったら意味ないじゃない( ´△`)
武佐岳・斜里岳 122

上二股でおじさんと別れオレはまた旧道へ
武佐岳・斜里岳 123

雪渓も朝よりも危なくなってる
この時間はもう登ってくる人はいないんでアイヌネギをとりながら行きます
いいのはあまりないけど( ´△`)
武佐岳・斜里岳 125

ここ渡ってた人いたけど危ないね~
おれは下を行きます( ´△`)
武佐岳・斜里岳 132

下二股でさっきのおじさん来るかな~と思いしばらく待ったけどこないようなんで
先に行きましょう
ここからまた人が増えます
登りでは元気なおばちゃん達もこのあたりでは無口になってます
まぁ新道往復なら無理もないね

このコブの木がみえたらゴールにきたってかんじがします
武佐岳・斜里岳 133

今日の収穫
1回食べるくらいはあるんじゃないかと
武佐岳・斜里岳 124

舗装の終わるところまで駐車してたんだね
武佐岳・斜里岳 136

パパスランドで温泉に入りまだレストランは営業してなかったので
弟子屈のそば屋に入ります
天そばセット、ここ久しぶりにきたけど揚げ物がうまい
また来ることにしよう
武佐岳・斜里岳 137
2015-07-16(Thu)
 

斜里岳

7月5日

今日は斜里岳に行きます
街中はガスってましたが林道からはだんだん晴れてきました
武佐岳・斜里岳 052

今日は山開きということで駐車場はいっぱい、なんとか上に停めれた
武佐岳・斜里岳 053

下は雲海、海霧だね
武佐岳・斜里岳 056

6時半、式典がはじまりました、前のおじさんは隣の車にいた人
神奈川からきたそうで百名山をやってるらしい
武佐岳・斜里岳 060

タオルとバッヂがもらえます
武佐岳・斜里岳 061

集団登山はイヤなんで30分くらいゆっくりしてから行きます
それでもやっぱり渋滞
武佐岳・斜里岳 066

でもオレはスパイク長靴なんで近道を行きます
武佐岳・斜里岳 067

下二股で休憩、集団がきたところで新道との分岐にきたら旧道は通行止めだと
サポートの人が立ってます、なんでも雪渓が危険だという
だから長靴なんだけどな~

一度広場に戻り、山開き組がいなくなるのを待ちます
ここで隣にいたおじさんと話をしてみるとこの人も百名山をやってて
6月のはじめに羅臼に登り雪渓で滑落、肋骨を折ったとか( ´△`)

本州の人の百名山に対する熱はすごいものがあるよね
今の百名山にそこまでする価値はないと思うんだけど自己満足の世界だからしょうがない

皆いなくなったところで旧道に行きます(ΦωΦ)
長靴で新道往復なんて拷問でしょう( ´△`)
武佐岳・斜里岳 073

前に来たときよりもかなり滝がみえるようになってました
武佐岳・斜里岳 076

武佐岳・斜里岳 086

武佐岳・斜里岳 091

山開き組の前に出発した人は旧道をきてるようです
武佐岳・斜里岳 093

アイヌネギもちょっとはあります
武佐岳・斜里岳 085

上二股からはまた人が増えます
武佐岳・斜里岳 104

武佐岳・斜里岳 105

武佐岳・斜里岳 115

山頂はガスってきたようです
武佐岳・斜里岳 109
お賽銭も持ってきました10円( ´△`)
武佐岳・斜里岳 116

11時頃登頂、新道からきた人もやってきていっぱい
30人以上はいたね
武佐岳・斜里岳 117

武佐岳・斜里岳 118

~つづく~

2015-07-16(Thu)
 
プロフィール

はまちゃん

Author:はまちゃん
夏は登山

摩周岳・西別岳・藻琴山・サホロ岳・雌阿寒岳・阿寒富士 雄阿寒岳・白湯山・辺計礼山・白雲山・天望山・東雲湖・武華岳 黒岳・桂月岳・旭岳・武佐岳・斜里岳・武利岳・仁頃山・標津岳 東ヌプカウシヌプリ・西ヌプカウシヌプリ・原始が原・上ホロカメットク・十勝岳・岩石山・トムラウシ・平山・比良麻山・羅臼岳・お鉢平・北鎮岳・剣山・ニペソツ・永山岳・比布岳・安足間岳・白雲岳・緑岳・赤岳 当麻岳・沼ノ平・高原沼・ウペペサンケ・アトサヌプリ・美羅尾山・姿見駅・黒岳駅・雨竜沼湿原・芦別岳・利尻富士・南斜里岳・中斜里岳・東斜里岳・十勝幌尻岳・伏美岳・アポイ岳・富良野岳・美瑛岳・羊蹄山・駒ヶ岳・アンギラス・ニセイカウシュッペ・愛別岳・石垣山・音更山・紅葉谷・三国山


-BC-
美羅尾山・藻琴山・天狗岳・津別峠・サマッカリヌプリ・黒岳

冬はボード

ビラオ・阿寒湖畔・阿寒ロイヤルバレイ・鶴丘・
メビウス 若松・北大雪・金山・津別・糠平・サホロ・
トマム・メムロ 白銀台・マウントレースイ・日勝
・旭岳・カムイスキーリンクス
比布・富良野・国際・ニセコ・キロロ・オーンズ・
テイネ 盤渓・藻岩山・ルスツ・真駒内・ピヤシリ・黒岳・明野ヶ丘・レークビュー・明野ヶ丘・ウナベツ

フリーエリア
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自作オセロ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR