FC2ブログ

美羅尾山

昨日はビラオに行ってきました
天気予報は朝から晴れということで前日に900草原展望台に行ってみます
ビラオ・裏硫黄山 002
ここは市街地からそれほどはなれてませんが、周りは牧場なので真っ暗
星がめちゃめちゃキレイです、カメラでは写ってないけど( ´△`)

朝、日の出前まだ6時前だというのにパークゴルフをしに来た人たちがいました、どんだけ早いんじゃ!
ビラオ・裏硫黄山 004

太陽が昇ってきました
が天気はいいけどモヤってるのでこんなかんじ
ビラオ・裏硫黄山 008

太陽というより月に近いね( ´△`)
ビラオ・裏硫黄山 009

その後太陽も昇り、支度をして出発~
ビラオ・裏硫黄山 027

ビラオ・裏硫黄山 022 

ビラオです、ここは3月にスノーシューでハイクしましたが最後の登りがかなりキツかった
ということで今回は林間コースを行ってみます
といっても滑ったの20年位前( ´△`)
ビラオ・裏硫黄山 031

ここだったかな~?とりあえず行ってみます
ビラオ・裏硫黄山 033

少し行くと山側に開けた道があったので行ってみます
ビラオ・裏硫黄山 035

が、笹だらけ( ´△`)背丈ほどの笹をかき分け登ること30分
ビラオ・裏硫黄山 037

ネットを発見、ここがコースとの境だね
ビラオ・裏硫黄山 038

ほどなく笹藪はなくなり林道に出たようです
ビラオ・裏硫黄山 033

その後は順調に登り、電波塔とレッドリフトが見えてきました
ビラオ・裏硫黄山 046

手前の塔、携帯のアンテナかな
ビラオ・裏硫黄山 049

レッドリフトまできました
ここの斜度は38°だったかな、まだスキーを滑り始めの頃で30分位かかっておりた記憶があります
ビラオ・裏硫黄山 051 ビラオ・裏硫黄山 054

レストハウスをズーム、オレの車も見えます
ビラオ・裏硫黄山 056 ビラオ・裏硫黄山 057

電波塔を目指します、ここからは舗装道路と合流します
ヘビを発見!頭がない~ 鳥にでもやられたのかな~
ビラオ・裏硫黄山 062

約1時間半で電波塔まできました
ビラオ・裏硫黄山 071

横に三角点もあります、ここがビラオのピークかな
ビラオ・裏硫黄山 067

ペケレ山、モヤっててよくみえません
天気がよければ摩周・藻琴・斜里・阿寒と道東の山はほとんど見えるいい場所なんだけど( ´△`)
ビラオ・裏硫黄山 068

帰りはスキー場のコースをおりてみます
ここも笹がひどいね~ 
ビラオ・裏硫黄山 083
 
ビラオ・裏硫黄山 084

30分ほどで笹藪はぬけました
ビラオ・裏硫黄山 085

時間は11時、イエローリフトおり場で昼食にします
ビラオ・裏硫黄山 088 ビラオ・裏硫黄山 093

気温は15度、11月とは思えないポカポカ陽気です
しばらく横になり休憩~
ビラオ・裏硫黄山 095

この回転盤は再び動く日がくるのだろうか???
ビラオ・裏硫黄山 096

イエローリフトからは30分で下山してきました
要所要所はGPSにチェックしたのでこれで冬の下見は終了~
ビラオ・裏硫黄山 098

動画

まだ時間があるので昼から裏硫黄山に行ってみます
ここの道もすっかり葉が落ちたね~
ビラオ・裏硫黄山 099

ん?タイヤの跡がある!車は進入禁止なのになんだろう?
ビラオ・裏硫黄山 100

ケルンに花が添えてある、足跡もかなりあります
ビラオ・裏硫黄山 101

裏硫黄山です
ビラオ・裏硫黄山 105

ビラオ・裏硫黄山 104

まず温泉に行ってみると
アレ?温泉がないーーーー!!!
ビラオ・裏硫黄山 106
石で潰されてます
よくみるとお湯が出てたパイプもない
これは個人の仕業じゃないね、行政の匂いがします

まぁここが危険なのはわかるけどいままで何十年もほっておいたのに
なぜこのタイミングなのかな~、
少なからずここの温泉のファンはいるわけでこれを見たらガッカリするだろうな~( ´△`) 


ということで今日は温泉はなし( ´△`)
今日は卵とさつまいもを持ってきました
ビラオ・裏硫黄山 113

卵ができるまで熊落としにいってみます
ここはいつきても迫力があります
ビラオ・裏硫黄山 118

今日は線香ももってきました
これを慰霊碑に供えます
裏をみてみると昭和29年釧路市立旭小学校父母と先生の会と書いてありました
ビラオ・裏硫黄山 122

ビラオ・裏硫黄山 123

この塔も何十年も経ってるのでかなり斜めになってる
もう直す人もいないんだろうね~
ビラオ・裏硫黄山 126

玉子を回収します、さつまいももいいかんじになってます
ビラオ・裏硫黄山 131

帰りは鈴を鳴らしながら帰ります
実は来る時、遠くから3回ほど「グワ~~~~」と熊の鳴き声が聞こえた
奥の湯沼のほうには熊がいると聞いてはいたけどホントにいるんだね( ´△`)
その後標茶の温泉に入って帰ってきました
























2010-11-08(Mon)
 

燻製

今年も知り合いから鮭をたくさんいただきました(イクラはなし( ´△`))
で今、トバを作ってるんですがハラスの部分は干せたらカラカラであまりおいしくはないので
今回はそこは切り取ることにしました

そこは油が多いんで焼いたほうがおいしいので焼いて食べるんですがいい加減飽きてきた( ´△`)
ということで燻製にしてみようと思い封印していた燻製鍋?の出番です

オレのつくる燻製は評判が悪く今まで3回ほどしか作ってなのでチップは有り余ってます( ´△`)
燻製 005

まずチップを入れて
燻製 001

鮭をのせ
燻製 002

フタをしてしばし待ちます
ザラメを入れるとツヤがでるというのを思い出し
ザラメはないのでスティックの砂糖も入れてみます
燻製 003

時々中を見ながら色がついたところでやめます(いつもコゲくさくなる)
煙と共に香ばしいいまいましい香りがします
燻製 006

でも色はついてるけどまだ生かもしれないんで焼いてみます(結局焼くのかい)
いいかんじに焼けました
燻製 009

燻製といえばビールなんだろうけど昼時なのでご飯にかけて食べます
が、魚自体がしょっぱいのでお湯をかけて食べます
燻製 012

燻製の味も少ししますが普通に鮭だね( ´△`)

~結論~
一緒に食べたきつねうどん、うまい
ちなみにこれは「赤いきつね」ではなくコープの赤いきつねもどきです
中国も真っ青のコピー技術(謎)
燻製 011


・・・話がそれた( ´△`)





2010-11-02(Tue)
 

摩周岳~つづき~

摩周岳登山を終え、これから車のある西別岳登山口までいきます

摩周湖から弟子屈までは急な下りなんで一気に20分できました
西別岳~摩周岳~自転車 121

カメラを置くところがあったんでセルフで1枚
西別岳~摩周岳~自転車 123

標茶方面の分岐、ここから歩道がなくなり車道をいきます
トラックやバスが通ると怖いです( ´△`)
あと白線の外はけっこうデコボコや草が生えてます
西別岳~摩周岳~自転車 124

車で下見したときはそうでもないと思ったけど実際走ると上りがけっこうキツく腿の筋肉が悲鳴をあげます
第一関門の長い上りのトンネル
西別岳~摩周岳~自転車 128

が、ここで看板を発見、見てみると違う道があるらしい
少し遠いけれどあのトンネルを行くよりはましとおもい、横道を行ってみます
西別岳~摩周岳~自転車 125

こっちは農道なんで車はほとんどなし、道の真ん中を走っても大丈夫
西別岳~摩周岳~自転車 130

が、行けども行けども元の道へ戻る気配なし( ´△`)
GPSをみても道は表示されてないのでさっぱりわかりません(遠ざかってることだけはわかる( ´△`))
結局15分位走ったところで戻ることに(あ~ 余計な筋力使った~)

30分ほどで元の国道に戻りトンネルをいきます
西別岳~摩周岳~自転車 132

トンネルの中には細い歩道があったんでそこを自転車を押していくことにします
(最初からそうすればよかった( ´△`))
西別岳~摩周岳~自転車 134

トンネルを抜け登りが終わるころ自転車に乗ったところチェーンがはずれる
いままでチェーンなんてはずれたことなかったのになぜこのタイミングで( ´△`)
西別岳~摩周岳~自転車 135

チェーンを直し下りを一気にいきます
その後、何回かアップダウンを繰り返しやっと国道から横の道道へ
西別岳がみえてきました
「おい、早くしないと陽が暮れるぞ」と言ってるようにみえました( ´△`)
西別岳~摩周岳~自転車 136

いやマジで陽が暮れてきました
(夜景モードで撮ったので実際はもっと明るいけど)
西別岳~摩周岳~自転車 137

やっと看板がみえてきました
西別岳~摩周岳~自転車 138

時間は4時過ぎ、陽が沈みました
あとはいつ真っ暗になるかが問題( ´△`)
西別岳~摩周岳~自転車 139

このあとは砂利道を7km
ただこの砂利道がキツイ、おもった以上に登りもある
半分くらい行ったところで自転車のライトとキャップライトをつけ
草むらでガサガサと(たぶん鹿)がうるさいので熊鈴もつけます(登山の時はつけなかったのに)
西別岳~摩周岳~自転車 141

このあとは写真を撮る余裕もなくひたすらペダル漕ぐ
(上りではおりて歩く)を繰り返し1時間かかってやっとゴール
西別岳~摩周岳~自転車 145

時間は5時、自転車だけで3時間かかった、登山の3倍は疲れたね
その後、標茶の温泉(テレーノ)に入って帰ってきました

~結論~
このコースで自転車での縦走は二度とやりません( ´△`)


で今日から11月ということでスキー場もオープンしてきたので夏登山はそろそろ終わり?
ということで今年の山行をまとめてみました

3月 ビラオ山 (スノーシュー・ボード)
4月 藻琴山  (スノーシュー・ボード)
5月 白滝天狗岳(スノーシュー・ボード)
6月 雌阿寒岳 (ミニスキー)
   摩周岳
   東ヌプカ・西ヌプカ
   ポンポン山
   武佐岳
   斜里岳
7月 原始ヶ原
   十勝岳・上ホロカメットク
   西別岳
8月 岩石山・白雲山
   トムラウシ
   平山・アンギラス(撤退)
   羅臼岳
   藻琴山
   大雪お鉢周り
9月 剣山
   ニペソツ
   比布岳・沼ノ平
   高原沼
10月アトサヌプリ
   ウペペサンケ(撤退)
   斜里岳
   藻琴山
   西別岳・摩周岳

こうやってみてみると藻琴山以外は全て単独だ
これはオレが集団行動が嫌なのか友達がいないのか( ´△`)
実際は休みが不定期で計画が立てれないということと
ほとんど車中泊だからなかなか一緒に行けないということなんだけど

でも今年の目標だったトムラウシとニペソツは天気に恵まれたからOKだね
で白雲岳・ウペペ・アンギラスは撤退
天狗岳と藻琴山は視界不良だったからこれは来シーズンか冬にリベンジだね

来年は日高の日帰りコースとクマネシリ山塊あたりを行って
目標としては芦別岳(旧道コース)を行ってみたいね~

2010-11-01(Mon)
 

摩周岳

10月31日
今日は摩周岳に行ってきました
まず前日に展望台の駐車場で車中泊
駐車場の横には雪、遠くは弟子屈の街灯り
西別岳~摩周岳~自転車 001

朝、5時半頃起きて日の出を見に行きます
西別岳~摩周岳~自転車 003

後ろは雄阿寒岳
西別岳~摩周岳~自転車 012

西別岳~摩周岳~自転車 011

結局、雲がかかってて太陽はちょっとだけ
でも日の出と共に霧が生き物のように流れてきて幻想的なかんじになりました
西別岳~摩周岳~自転車 020

西別岳~摩周岳~自転車 024


その後、太陽も上がり出発
西別岳~摩周岳~自転車 041

まず自転車をここにデポして西別岳の登山口に向かいます
盗まれませんように

8時スタート
思ったより暖かいので夏装備でいきます
西別岳~摩周岳~自転車 044

若干雪はありますが夏靴で大丈夫なようです
西別岳~摩周岳~自転車 047 西別岳~摩周岳~自転車 046

ここはがまん坂さえがまん?すればあとはそんなに大変なところはありません
西別岳~摩周岳~自転車 049

西別岳~摩周岳~自転車 056 西別岳~摩周岳~自転車 060 西別岳~摩周岳~自転車 062

1時間ちょっとで頂上
ここで少し休んで摩周岳へ向かいます
西別岳~摩周岳~自転車 064

西別岳からは雪があるので滑らないようにゆっくりいきます
途中で抜いた4人組がピークついたようです
西別岳~摩周岳~自転車 067 西別岳~摩周岳~自転車 068 西別岳~摩周岳~自転車 069 西別岳~摩周岳~自転車 070

外輪山の荒々しい姿が見えてきました
西別岳~摩周岳~自転車 076 西別岳~摩周岳~自転車 077

2時間40分で頂上、誰もいません
ちょうど風も止んでたので早めの昼食
西別岳~摩周岳~自転車 080
 
西別岳~摩周岳~自転車 092

下はこんなかんじ、風があるときは要注意
西別岳~摩周岳~自転車 085 西別岳~摩周岳~自転車 086

[高画質で再生]

西別岳・摩周岳 [SNS]

湖面を走るボートを発見、なんで摩周湖に船が?何かの調査かな?
しかしどこから船を降ろしたんだろう???
西別岳~摩周岳~自転車 082

腹も満たされたので下山します
途中、今年初の雪ダルマをつくります
展望台への道は雪もそれほどなく快適に歩いていきます
西別岳~摩周岳~自転車 095 西別岳~摩周岳~自転車 096 西別岳~摩周岳~自転車 097 西別岳~摩周岳~自転車 098

湖が見えてきました、ここはダブルカクテルというポイントらしいです
足はヨモギの枝だけど( ´△`)
しばらくいくとシングルカクテルもあります、こっちのほうがグラスっぽいね
西別岳~摩周岳~自転車 101 西別岳~摩周岳~自転車 103

ワシが上昇気流に乗って上空へ上がっていきます
西別岳~摩周岳~自転車 106 西別岳~摩周岳~自転車 109

ちょうど2時間で登山口につきました
湖は朝より青いです
西別岳~摩周岳~自転車 112

西別岳~摩周岳~自転車 115

自転車は無事あります
西別岳~摩周岳~自転車 118


これから自転車で西別岳登山口まで行きます
その前に休憩、車がないので登山装備のまま売店へ
みんなジロジロみてる( ´△`) ちょっと浮いてたね


これから37km走ります(うち砂利道7km)


    ~つづく~
2010-11-01(Mon)
 
プロフィール

はまちゃん

Author:はまちゃん
夏は登山

摩周岳・西別岳・藻琴山・サホロ岳・雌阿寒岳・阿寒富士 雄阿寒岳・白湯山・辺計礼山・白雲山・天望山・東雲湖・武華岳 黒岳・桂月岳・旭岳・武佐岳・斜里岳・武利岳・仁頃山・標津岳 東ヌプカウシヌプリ・西ヌプカウシヌプリ・原始が原・上ホロカメットク・十勝岳・岩石山・トムラウシ・平山・比良麻山・羅臼岳・お鉢平・北鎮岳・剣山・ニペソツ・永山岳・比布岳・安足間岳・白雲岳・緑岳・赤岳 当麻岳・沼ノ平・高原沼・ウペペサンケ・アトサヌプリ・美羅尾山・姿見駅・黒岳駅・雨竜沼湿原・芦別岳・利尻富士・南斜里岳・中斜里岳・東斜里岳・十勝幌尻岳・伏美岳・アポイ岳・富良野岳・美瑛岳・羊蹄山・駒ヶ岳・アンギラス・ニセイカウシュッペ・愛別岳・石垣山・音更山・紅葉谷・三国山・ベベツ岳・オプタテシケ山・小泉岳・大樹山・パノラマ台・富良野西岳・忠別岳・礼文岳


-BC-
美羅尾山・藻琴山・北大雪天狗岳・津別峠・サマッカリヌプリ・黒岳・赤岳・十勝岳・凌雲岳

冬はボード

ビラオ・阿寒湖畔・阿寒ロイヤルバレイ・鶴丘・
メビウス 若松・北大雪・金山・津別・糠平・サホロ・
トマム・メムロ 白銀台・マウントレースイ・日勝
・旭岳・カムイスキーリンクス
比布・富良野・国際・ニセコ・キロロ・オーンズ・
テイネ 盤渓・藻岩山・ルスツ・真駒内・ピヤシリ・黒岳・明野ヶ丘・レークビュー・明野ヶ丘・ウナベツ

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

はまちゃん

Author:はまちゃん
夏は登山

摩周岳・西別岳・藻琴山・サホロ岳・雌阿寒岳・阿寒富士 雄阿寒岳・白湯山・辺計礼山・白雲山・天望山・東雲湖・武華岳 黒岳・桂月岳・旭岳・武佐岳・斜里岳・武利岳・仁頃山・標津岳 東ヌプカウシヌプリ・西ヌプカウシヌプリ・原始が原・上ホロカメットク・十勝岳・岩石山・トムラウシ・平山・比良麻山・羅臼岳・お鉢平・北鎮岳・剣山・ニペソツ・永山岳・比布岳・安足間岳・白雲岳・緑岳・赤岳 当麻岳・沼ノ平・高原沼・ウペペサンケ・アトサヌプリ・美羅尾山・姿見駅・黒岳駅・雨竜沼湿原・芦別岳・利尻富士・南斜里岳・中斜里岳・東斜里岳・十勝幌尻岳・伏美岳・アポイ岳・富良野岳・美瑛岳・羊蹄山・駒ヶ岳・アンギラス・ニセイカウシュッペ・愛別岳・石垣山・音更山・紅葉谷・三国山・ベベツ岳・オプタテシケ山・小泉岳・大樹山・パノラマ台・富良野西岳・忠別岳・礼文岳


-BC-
美羅尾山・藻琴山・北大雪天狗岳・津別峠・サマッカリヌプリ・黒岳・赤岳・十勝岳・凌雲岳

冬はボード

ビラオ・阿寒湖畔・阿寒ロイヤルバレイ・鶴丘・
メビウス 若松・北大雪・金山・津別・糠平・サホロ・
トマム・メムロ 白銀台・マウントレースイ・日勝
・旭岳・カムイスキーリンクス
比布・富良野・国際・ニセコ・キロロ・オーンズ・
テイネ 盤渓・藻岩山・ルスツ・真駒内・ピヤシリ・黒岳・明野ヶ丘・レークビュー・明野ヶ丘・ウナベツ

検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR