FC2ブログ

雌阿寒岳 動画

倍速の動画はもう作らないと言ったが
みてみたら1時間半もある
これでもやっと2曲分に収めた
いっぱい撮るのも善し悪しだね
編集がめっちゃ大変( ´△`)


2018-10-18(Thu)
 

雌阿寒岳②

阿寒富士下で休んでたらブィーンと音がする
誰かドローン飛ばしてるね
この人達だね、でもドローンは見えず
風があるから下で飛ばしてるんだろうか
そこからじゃあまりいい映像は撮れないんじゃない?( ´△`)
DSC03750.jpg

近くに変わった岩、ワニかウツボだね
これは面白い画がとれるかも
DSC03745.jpg 

こんなかんじ?
MAQ03660(1).jpg 

次行った時まで何か別のポーズを考えとこう( ´△`)

で、オンネトー側へ下山
サポーターをしっかり締め直したせいか
膝は痛くないので忍者走りができる
DSC03752.jpg 

木の根っこだらけなんで気は抜けないけど
けっこう走れるね
DSC03753.jpg 

1時間でゴール、まだ2時なんで湯の滝にも行ってみます
ここからは往復で4kmくらい
DSC03755.jpg 

微妙に登りもあるんで歩いたり走ったり( ´△`)
20C393A5-0653-4796-8988-07CFE01E64C1-13617-00000C9A05563BAC.jpg 

着きました、散歩にはちょうどいい距離なんでカップルが
何組もいたね、走ってるオレは浮いてたけど( ´△`)
0D1B1B4D-F8C8-4D9C-B126-59A9C93C2F75-13617-00000C9ABB40255D.jpg 

湯の滝というくらいなんで水はぬるいです
5DCE57E6-F934-41BA-BE21-29CCF31DEEE4-13617-00000C9B2DF63BFD.jpg 

前は上に行ける散策路と露天風呂があったけど
なんでも世界的に貴重な場所らしいことがわかり
今は行けなくなってます
8CFD2F2A-C70F-4BD0-8C93-02939C47A14C-13617-00000C9B4D8DE778.jpg 

詳しいことはパネルに書いてます( ´△`)
IMG_2940.jpg 

ここの紅葉ももうちょっとキレイだったらもっと人が来るんだろうけど
いまいちなんだよね
FF249A6A-F889-444B-80A4-05EBAF437691-13617-00000C9C8C71AA64.jpg 

戻りましょう、帰りは下りが多いので走れます

もう少しで20kmだったんだね
あれかショートカットしたからか( ´△`)

オンネトーで写真もとりましょう
DSC03759.jpg 

結局、雲はとれなかったようです
DSC03764.jpg 

~つづく~

2018-10-17(Wed)
 

雌阿寒岳

10月14日

今日は雌阿寒岳に行きます
21日に鹿追トレラン
28日にフードバレーマラソンにエントリーしてるので
その練習も兼ねてトレランです

6時前には家を出ます
滝見橋にはもう観光客がいます
太郎湖から流れてる川で滝ではないけどね( ´△`)

DSC03707 - コピー 

山は雲で見えません
DSC03709 - コピー 

どのコースで行くか、今日も天気が回復することを願って
最初にオンネトーから野中に行って雌阿寒に登り
剣が峰を往復して阿寒富士に登りオンネトーに戻ることにします
8時10分スタート
DSC03710 - コピー 

写真を撮ってる時間がもったいないのでアクションカメラで
要所要所動画を撮りながら行くことにします
DSC03711 - コピー 

まず散策路を通り野中の駐車場へ
ここで顔を洗います
DSC03712.jpg 

けっこう車いるね
もう行ける山も限られてきたから遠いとこからも来るんでしょう
DSC03713.jpg 

名簿をみるとめっちゃ登ってる
団体もいるから100人はいるんじゃないかな~
8時54分スタート
DSC03714.jpg 

トレランといっても登りは走れないんで
ダブルストックでガシガシいきます
DSC03715.jpg 

最初はよかったけどやっぱり何人かで登ってる人は全然きづかないんで
鈴をガンガン鳴らすことにします
オレの場合、鈴はクマよけじゃなくて
人よけだからね( ´△`)
DSC03717.jpg 

8合目までくると乳酸が溜まってきてキツイです
DSC03718.jpg 

赤沼はみえてました
DSC03720.jpg 

ピーク、10時17分
DSC03721.jpg 

阿寒富士は全くみえません
DSC03722.jpg 

剣が峰に行きます
DSC03723.jpg 

最初は下りだけど途中からはアップダウンが続くんで
そこそこキツイです
DSC03724.jpg 

4人ほどいるね
DSC03725.jpg 

剣が峰、10時49分
早いけどおにぎり休憩
今日はローソンに寄ってきました
このカフェオレうまいです、なんか濃い
DSC03731.jpg 

阿寒湖がたまに見えるくらい
雄阿寒は全くだね
DSC03734.jpg 

緑に赤、クリスマスカラーだね
DSC03730.jpg

左ひざが痛みだしたんでサポーターをつけましょう
まだ先は長いからね( ´△`)
DSC03732.jpg 

来た道を戻ります
DSC03735.jpg 

分岐まで登るのは嫌なんでショートカットします
DSC03736.jpg 



道はないけどケルンはある、皆同じ事考えるんでしょう( ´△`)
DSC03738.jpg 

ただあまり下りすぎると深い谷を越えなければなりません
雪渓のある時は尻滑りで面白いけどね
DSC03739.jpg 

阿寒富士もみえてきました
DSC03741.jpg 

いつもならザックをデポするんだけど
今日はタイムアタックする足が残ってません
上でなにか食べたいんでそのまま一歩一歩いきます( ´△`)

この岩がみえたらあと少しです
DSC03743.jpg 

ピーク、12時28分、何もみえません
風もあり寒いんでさっきの岩まで行って休憩しましょう
DSC03744.jpg

2つ目のおにぎり
DSC03747.jpg 

雲がとれてきたね
DSC03746.jpg 

見えました、ここを最後にして正解だったね
少しだけタイムラプス動画をとりましょう
DSC03748.jpg 

~つづく~

2018-10-16(Tue)
 

来運神社

斜里岳のあと、来運神社に寄ります
毎年恒例になったね( ´△`)
DSC03680.jpg 

こっちの鳥居はあと何年もつのか( ´△`)
DSC03681.jpg 

来運橋じゃないんだね
DSC03682.jpg 

手すりは木だけど歩くところは金網なんで大丈夫、
たぶん( ´△`)
DSC03683.jpg

緑の中をいきます
DSC03684.jpg 

DSC03685.jpg 

お参りしましょう
お金持ってくるの忘れた( ´△`)
DSC03687.jpg 

絵馬をかけるところができてる
みたかんじいつもの成人式の時のじゃないね
いろんな人が書いてる
DSC03688.jpg 

全部読もうかとおもったけど人が来たんでやめましょう
DSC03690.jpg 

つたがキレイ
DSC03692.jpg 

炎の木?もあります
DSC03698.jpg 

池もキレイ
DSC03700.jpg 

湧き水も汲みましょう
DSC03703.jpg 

土曜日のせいか、けっこう人がいたね
その後、緑清荘で温泉に入ります
休憩室にお茶があるので
余ったおにぎりを食べます
DSC03705.jpg 

お茶、マズイ( ´△`)

次に札弦に行って野菜を買います
観光客が少ないせいかけっこう残ってたね
キャベツ、白菜、ゴボウ、ピーマン、プルーンを買いました
プルーンは衝動買い( ´△`)

明日は雌阿寒に行くのでそのまま阿寒に行ってもいいんだけど
車中泊連チャンは疲れるんで1回、家に帰りましょう( ´△`)

斜里岳の動画
2018-10-15(Mon)
 

斜里岳③

ピークにいた2人は雲が流れてるんで晴れるのを待ってる状態
DSC03636.jpg

晴れそうもないので下山するようです
DSC03639.jpg 

と思ったら晴れてきたので戻ってきました( ´△`)
DSC03637.jpg 

でもやっぱり晴れないので下山していきました
オレはご飯にします
が、割りばしがない
ザックの中を全部出したけどない
カッパを出した時に一緒に出てしまったのかな~
DSC03643.jpg 

結果、枝ですわ( ´△`)
DSC03644.jpg 

そのうち晴れてきました、グッドタイミング
DSC03648.jpg 

少しして2人やってきました
DSC03650.jpg 

ピークも影のほうは凍ってたんだね
DSC03652.jpg 

動画も撮ったんで下山します
DSC03653.jpg 

摩周湖も見えます、阿寒は見えないね~
DSC03658.jpg 

海側は晴れてきました
DSC03659.jpg 

さっきピークにいた人だね
ストックがジャマそう( ´△`)
DSC03660.jpg 

後ろ、尖がっててかっこいいね~
二ぺもかっこいいけど
こっちは実際によじ登るからよけいそう思うのかも
DSC03662.jpg 

ワイヤー場、こっちからのほうがわかりやすいね
DSC03663.jpg 

慎重にいけば大丈夫
落ちたら終わりだけど( ´△`)
DSC03664.jpg 

知床連山は雲の中
DSC03669.jpg 

先行者に追いついたようです
DSC03671.jpg 

話好きのようでずっと話をしてたので先に行けず( ´△`)
ずっと後ろを歩いてたんだけどメタメタ転んでる
濡れた枯れ葉が滑るんだけどそれだけじゃないね
見てみたら長靴のかかと側のゴムが減ってツルツルじゃない

スキーのストックも持ってるんでぶん回しながら転んでる
危ないんで少し距離をとりましょう( ´△`)
普段からかかと体重で歩いてるんじゃないかな~
けっこう派手に転ぶんで、たぶん体中アザだらけだとおもう

朝見えなかった景色もみえてました
DSC03673 - コピー 

デポしてあった服はやっぱりこの人のでした
DSC03674 - コピー 

結局最後まで一緒に歩きゴール
なんでも斜里岳に今年だけで15回登ってて
100回目指すんだとか( ´△`)

名前は忘れたけどヤマップネームがエベレストだって
シャリ ダケオ にすればいいのに( ´△`)

~つづく~ 





2018-10-15(Mon)
 

斜里岳②

ガスで見えない中、ずっと急登なんでどんどん高度を上げていきます
DSC03608.jpg

マラソンのゴールみたいだ、低く過ぎるか( ´△`)
DSC03609.jpg 

下の葉っぱを見てると上にどんな木があるかわかるね
DSC03610.jpg 

名前はわからんけど( ´△`)
DSC03611.jpg 

ガマ岩まできました
DSC03613.jpg 

金髪になってる( ´△`)
DSC03612.jpg 

ダケカンバをくぐったり乗り越えたり
DSC03616.jpg 

ロープ場、下が濡れれて滑る
DSC03618.jpg 

たまに太陽が見えだしてきました
DSC03615.jpg 

稜線にでるとさすがに寒いです
DSC03623.jpg 

ニット帽と手袋、カッパを着てスニッカーズ休憩
このタイプ、2つに分かれてるんだね
DSC03622.jpg 

ワイヤー場、ここが一番危険と言えば危険
DSC03625.jpg 

両側、崖なんだけどガスのおかげ?でみえないです
DSC03627.jpg 

ここは真ん中を行きます
毎年、ちょっとづつ崩れてるね
DSC03628.jpg 

ここを越えればもう少し
DSC03630.jpg 

風が当たるのか枝が凍ってる
DSC03631.jpg 

ピークにでました、誰もいない?
とおもったら2人いました
DSC03632.jpg 

ちょうど3時間だね
新しい標識、これも雷でやられたりして( ´△`)
DSC03634.jpg 

100円、はさまってる( ´△`)
ピークではまたにあるよね、賽銭箱に入れればいいのに
DSC03635.jpg 

~つづく~

2018-10-15(Mon)
 

斜里岳

10月13日

なんかずっと雨だったかんじでやっと天気になるみたい
ということで斜里岳(三井コース)にいきます

前日札弦へ
さすがにこの時期は車中泊の車も少ないです
それでも7~8台はいたね
DSC03565.jpg 

風呂から上がりご飯
新メニュー、ガーリック海鮮やきそばだったかな
そしてアホみたく冷たいビール
最初の一口がうまいね~
そして歯にしみる( ´△`)
いいかげん歯医者にいかなければ
DSC03567.jpg 

9時近くまでテレビをみて車に戻ります
休憩室は誰もいません( ´△`)
DSC03568.jpg 

夜、けっこう雨が降ってたんで何回も起きた( ´△`)
朝、雨は上がったけど雲が覆ってる
DSC03569.jpg 

陽も出たけど変わらず
DSC03571.jpg 

天気は回復ということを信じて行きましょう
三井コースは登山口がちょっとめんどうなんだよね
鹿ゲートも開けて行きます
DSC03572.jpg 

ここは前に自転車で清岳荘から来た林道
けっこう草が出てきたね
DSC03573.jpg 

一応看板もあります
DSC03575.jpg 

誰もいないかと思ったらいた、
北見ナンバーだから地元の人だね
DSC03576.jpg 

今日もボトルにお湯を入れていくんでまずお湯を沸かします
DSC03577.jpg 

ザックも22Lのにします
DSC03578.jpg 

7時40分スタート
DSC03579.jpg 

少し行ったら割りばしを忘れたことに気づき戻ります( ´△`)
45分スタート
紅葉がキレイ
だから来たんだけどね( ´△`)
DSC03581.jpg 

石がゴロゴロした涸沢をいきます
別名玉石コースともいいます
DSC03583.jpg 

今年は大雪の紅葉がいまいちだったから
低山のほうがいいかんじ
DSC03586.jpg 

鬱蒼とした森なんで
石も苔むしてます
DSC03587.jpg 

ここで沢は終わり
DSC03590.jpg 

ここから山に取り付きます
DSC03591.jpg

巨木もでてきました
DSC03596.jpg 

これは何だ?服だね
新しいね、先行者がデポしたのかも
DSC03589.jpg 

道は落ち葉だらけ
DSC03600.jpg 

天然のプランター?
DSC03604.jpg 

下界が見えてきました
DSC03606.jpg 

が、上はガスで真っ白
晴れることを祈ってゆっくり行きましょう
DSC03607.jpg 

~つづく~


2018-10-13(Sat)
 

same old same old

2代目same old same oldがきました
DSC03562.jpg 

去年のはsoは失敗作( ´△`)
というかグラトリするには硬かった
ということで今年はたっき~が妥協しないで作らせた自信作

soT「same old same old」
直訳すると「同い年」( ´△`)
いや違う、これはことわざみたいなもんなんで
たっき~曰く
「調子はどう?いつもどおり最高だよ」
となるらしい( ´△`)

まぁ言葉の意味はよくわからんがとにかくすごい自信だ(byキン肉マン)

詳しいことは下のとおり( ´△`)
19_fntc_sot_sum01-big.jpg 

たのんでおいたステッカーもきたので貼ることに
猫の存在感が半端ない
DSC03563.jpg 

去年の板もそうだったけど
黒くて渋いかんじなんであまりベタベタ貼りたくない

たとえばこれ( ´△`)オイオイ
DSC03564.jpg 

一応完成
テーマはシンプル&ゴージャス
ゴールドか( ´△`)
IMG_2920.jpg




板はきたけどトマムのシーズン券のはなしがでてこない
調べてみたら11月発売とかなってる
去年は超早割でとっくに申し込んでたのに

今年からトマムもゲートがICカードになるらしい
その関係で遅れてるんだろうか
もしかしたら値段も上がる?( ´△`)


2018-10-07(Sun)
 

サバ

10月4日

台風も去ったんで沖へ
IMG_2918.jpg 

この前、底でコマイが釣れたんで
ブラクリっていうものを付けてみます
ハリのついた重りだね
IMG_2917.jpg 

ただ上にほうにサバがいるんでしばらくサバを釣って
それから下まで下ろしてみます
が、全然釣れない、一回だけコマイらしくものがかかったけど
水面で逃げていきました( ´△`)

釣れない魚を狙ってもしょうがないんで
サバに切り替えます
でも今日はあまり時間がないので早々にやめます

結果
サバ34、ニシン1
IMG_2919.jpg 

カキはというと今年は身の入りが遅いね~
まだサバがいるってことは水温がまだ高いってことなのかも
水温が高いとカキの栄養となるプランクトンも少ないんだとおもう( ´△`)

それでも6日からカキ祭りが始まるということで
揚げて2000個ほど出荷してみます
カキ祭りの時期は正直カキの旬にはまだ早いんだよね

それでも人が来るから値段も少しは上がるんじゃないかと
味は二の次でも売れるからね( ´△`)



2018-10-06(Sat)
 

愛別岳~北鎮~姿見

帰りは真っ白
DSC03509.jpg

雪がだいぶ解けたね
DSC03511.jpg 

すぐに比布岳
DSC03515.jpg 

次は鋸岳をトラバース
DSC03519.jpg 

これが鋸の刃( ´△`)
DSC03523.jpg 

で北鎮岳、寒いのでさっさと下ります
DSC03528.jpg 

分岐からは走れるので走ります
動画のバッテリーはもうないしね
バームクーヘンは撮りましょう
DSC03533.jpg 

中岳
DSC03534.jpg 

登ってきた稜線
DSC03537.jpg
DSC03538.jpg 

中岳温泉でロープウエイ以降はじめて人に会った
と思ったら外人カップル
ずっと写真撮ってる
外人にもいるんだね、自撮りバカが。1枚とれば十分だろう( ´△`)
DSC03539.jpg 

ここでカップ麺と思ったけどいまいち腹具合が調子よくないんで
ワカメスープだけ飲んでいきましょう
時間は13時半、もう時間的に余裕なんでゆっくり行きます

草紅葉がキレイ
DSC03540.jpg 

茶色とくすんだ赤だね
投稿をみるとキレイな赤で写ってるのもあるけど
だいたい加工してるからね
登山者はキレイな写真をみたいわけじゃなく
キレイな景色を見ながら歩きたいわけなんで
加工しないでほしいんだよね( ´△`)
DSC03541.jpg 

ここの木道も整備が入ったということです
DSC03544.jpg 

ハイマツ帯でこの鳥がずっと飛んでました、4羽くらい
もしかしてギンザンマシコのメスなんじゃない?
オスならカラフルだからわかるのに( ´△`)
DSC03549.jpg 

姿見に戻ってきました
寒くても観光客はいるんだね
いつもの中国人( ´△`)
DSC03555.jpg 

駅舎の壁、去年から直してたけど途中で終わってるじゃない
予算がなくなったのかな( ´△`)
DSC03558.jpg 

旭岳は悪魔の山になってる
DSC03556.jpg 

3時半のロープウエイに乗ろうとしたけど混んでるのでやめて
休憩、何か買おうとおもってたけど高いよねコーヒー300円
まだお湯はあるのでコーンスープとパンをたべます
ぬるいけど( ´△`)

その後いつもなら温泉に行くんだけど
今日は本別ー阿寒の高速が20時から夜間通行止めなんで
急いで行きます
士幌に着いた時点でこれはダメだ、間に合わん
たぶん15分くらい( ´△`)

ということでしほろ温泉に入りゆっくりしてから
本別へ行き上茶路~白糠経由でいきます
ガソリンもちょうどだったのに
遠回りしたせいで釧路で入れてから帰ってきました

1本早いロープウエイに乗ってれば( ´△`)

2018-10-03(Wed)
 
プロフィール

はまちゃん

Author:はまちゃん
夏は登山

摩周岳・西別岳・藻琴山・サホロ岳・雌阿寒岳・阿寒富士 雄阿寒岳・白湯山・辺計礼山・白雲山・天望山・東雲湖・武華岳 黒岳・桂月岳・旭岳・武佐岳・斜里岳・武利岳・仁頃山・標津岳 東ヌプカウシヌプリ・西ヌプカウシヌプリ・原始が原・上ホロカメットク・十勝岳・岩石山・トムラウシ・平山・比良麻山・羅臼岳・お鉢平・北鎮岳・剣山・ニペソツ・永山岳・比布岳・安足間岳・白雲岳・緑岳・赤岳 当麻岳・沼ノ平・高原沼・ウペペサンケ・アトサヌプリ・美羅尾山・姿見駅・黒岳駅・雨竜沼湿原・芦別岳・利尻富士・南斜里岳・中斜里岳・東斜里岳・十勝幌尻岳・伏美岳・アポイ岳・富良野岳・美瑛岳・羊蹄山・駒ヶ岳・アンギラス・ニセイカウシュッペ・愛別岳・石垣山・音更山・紅葉谷・三国山・ベベツ岳・オプタテシケ山・小泉岳・大樹山・パノラマ台・富良野西岳・忠別岳・礼文岳・朝陽山


-BC-
美羅尾山・藻琴山・北大雪天狗岳・津別峠・サマッカリヌプリ・黒岳・赤岳・十勝岳・凌雲岳・日勝ピーク・トマム山・三国山・旭岳・北鎮岳

冬はボード

ビラオ・阿寒湖畔・阿寒ロイヤルバレイ・鶴丘・
メビウス 若松・北大雪・金山・津別・糠平・サホロ・
トマム・メムロ 白銀台・マウントレースイ・日勝
・旭岳・カムイスキーリンクス
比布・富良野・国際・ニセコ・キロロ・オーンズ・
テイネ 盤渓・藻岩山・ルスツ・真駒内・ピヤシリ・黒岳・明野ヶ丘・レークビュー・ウナベツ・ほろたち・夕張マウントレースイ

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

はまちゃん

Author:はまちゃん
夏は登山

摩周岳・西別岳・藻琴山・サホロ岳・雌阿寒岳・阿寒富士 雄阿寒岳・白湯山・辺計礼山・白雲山・天望山・東雲湖・武華岳 黒岳・桂月岳・旭岳・武佐岳・斜里岳・武利岳・仁頃山・標津岳 東ヌプカウシヌプリ・西ヌプカウシヌプリ・原始が原・上ホロカメットク・十勝岳・岩石山・トムラウシ・平山・比良麻山・羅臼岳・お鉢平・北鎮岳・剣山・ニペソツ・永山岳・比布岳・安足間岳・白雲岳・緑岳・赤岳 当麻岳・沼ノ平・高原沼・ウペペサンケ・アトサヌプリ・美羅尾山・姿見駅・黒岳駅・雨竜沼湿原・芦別岳・利尻富士・南斜里岳・中斜里岳・東斜里岳・十勝幌尻岳・伏美岳・アポイ岳・富良野岳・美瑛岳・羊蹄山・駒ヶ岳・アンギラス・ニセイカウシュッペ・愛別岳・石垣山・音更山・紅葉谷・三国山・ベベツ岳・オプタテシケ山・小泉岳・大樹山・パノラマ台・富良野西岳・忠別岳・礼文岳・朝陽山


-BC-
美羅尾山・藻琴山・北大雪天狗岳・津別峠・サマッカリヌプリ・黒岳・赤岳・十勝岳・凌雲岳・日勝ピーク・トマム山・三国山・旭岳・北鎮岳

冬はボード

ビラオ・阿寒湖畔・阿寒ロイヤルバレイ・鶴丘・
メビウス 若松・北大雪・金山・津別・糠平・サホロ・
トマム・メムロ 白銀台・マウントレースイ・日勝
・旭岳・カムイスキーリンクス
比布・富良野・国際・ニセコ・キロロ・オーンズ・
テイネ 盤渓・藻岩山・ルスツ・真駒内・ピヤシリ・黒岳・明野ヶ丘・レークビュー・ウナベツ・ほろたち・夕張マウントレースイ

検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR