FC2ブログ

トムラウシ

9月27日
明日はトムラウシに行くので前日東大雪荘まで行きます
ホントは登山口まで行きたかったけど時間が遅い、もう11時
温泉の駐車場で車中泊
DSC07714.jpg

星がキレイだったのでアプリで撮影したけどこれが限界
30秒かかるから
車の屋根にのせておくので何が写ってるのかわかりません( ´△`)
IMG_4446.jpg

9月28日
登山口まで行って支度します
スポドリとクエン酸のミックス
酸味があっておいしいです、飲みすぎ注意
DSC07715.jpg

朝日と共に出発
DSC07716.jpg

といってももう何人か出発してます
6時スタート
DSC07717.jpg

この前来た時よりもまた整備されてる
今日は長靴なしでいきます
DSC07719.jpg

紅葉もしてるんだけど
全体的にはくすんでるかんじかな
DSC07724.jpg

天気はすこぶる良い
てんくらはCだけどあてにならないからね
DSC07729.jpg

カムイ天上でサラダチキン休憩
ほどよく塩気があっていいかも
DSC07728.jpg

材料がいっぱい
年々歩きやすくなってる
DSC07736.jpg

十勝連峰もいい天気
DSC07732.jpg

コマドリ沢、いつもならもう水はないのに
先日の降雪で復活したね
顔を洗いましょう
DSC07744.jpg

はまキャンプ地( ´△`)
草が枯れてテント張れそうじゃない
ビバーク専用だけど(゚д゚)
DSC07746.jpg

分岐まできました
あれ?この標識の場所移動した気がする
もっと下にあったはず
DSC07750.jpg

ガレ場、ここからはナキウサギポイントなんで
鈴は仕舞います、あまり鳴いてないね~
この前の雪でもうエサ集めは終わったのかな( ´△`)
DSC07751.jpg

前トム
ピークが見えてきました
見えるのは山頂ではないけどね
DSC07754.jpg

ケルンまできました
思ったより風はないね、そこそこはあるけど
トムラウシにしてはそよ風( ´△`)
DSC07757.jpg

ヘリが何か運んでる
DSC07761.jpg

山頂近くでホバリングしてる
そこで降ろしたみたい
DSC07762.jpg

トムラウシ公園
くすんでるね~、でも雪もないから歩きやすいだけもいいか( ´△`)
DSC07764.jpg


DSC07766.jpg

チングルマも綿毛があるのはわずか
DSC07772.jpg

雪があればここをショートカットできるんだけど
こっちはあまり降らなかったようです
DSC07774.jpg

誰か下りてきたようです
DSC07779.jpg

分岐
今日はピークにいきます、ガスってないからね
DSC07781.jpg

さっきの人達、トイレブースにシートをかけてる
トイレも今日で終わりなんだ
DSC07782.jpg

山頂下の広場に何かある
これはさっきヘリが持ってきたものじゃない
DSC07785.jpg

もしかして新しい標識じゃない?
今年で建て替えるって言ってたし
普通の木材とかならキャンプ地に降ろすだろうし
DSC07787.jpg

あとはここを登るだけ
雪も少し残ってる、
DSC07788.jpg

着きました、ちょうど誰もいない
DSC07794.jpg

この標識は陽希さんが雪だるまを乗せて
トム君が誕生したところだからね
オレものせてみる、ちっちゃ( ´△`)

柱はやっぱりかなり老朽化してるね
かなり前からつなぎ目がグラグラしてたし
いったい何人もの人がこの標識を目指してきたのか
トムラウシ遭難の時は献花で囲まれてたっけ
最後に見れてよかったね

~つづく~



スポンサーサイト



2019-09-29(Sun)
 

雪目

層雲峡で風呂に入り鏡をみるとめっちゃ充血してるし
顔も雪焼けで赤い( ´△`)
休憩室でスマホを見てたらだんだん目が痛くなってきた

公共駐車場に行って寝ることにします
が、目が痛くて寝れない、
これは完全に雪目になったみたい
眼球が熱いのでタオルを冷やしてあてます
炎症が起きてるなら鎮痛剤も効くんじゃないかと飲んでおきましょう
2時間くらいその状態だったけど薬が効いたのかいつの間にか寝たようです

9月22日
雨の音で起きる、けっこう降ってるじゃない
目の痛みは治まってるようなんでまずトイレに行きます
がやっぱり目が痛くなってきた、外の光にはめっぽう弱くなってるみたい
これは登山どころじゃないね、車の運転ができるかどうかが問題

腹は普通に減るのでコンビニに行って
パノラマ台を見ながらご飯
DSC07699.jpg

サングラスをかけると少し楽に見えるので
出発することにします
ずっと涙が出てるかんじなのでタオルで拭きながら行きます
石北峠を越え留辺蘂へ
ここまでくれば薬屋があるかなとおもったけどない
ここでしばらく休憩、目を冷やしましょう
DSC07700.jpg

結局北見まできてやっと目薬を買うことができた
ちょっと高めなのを買ってみた
鎮痛剤も残り少ないので買っておきましょう
DSC07701.jpg

しばらくすると涙がだいぶ止まったね
これなら行ける、まず美幌峠まできました
昼近いんで何か食べようかなとおもったけど
あげいもに長蛇の列、やめましょう

ちょっと写真も撮りにいきます
DSC07703.jpg

時間もあるので上のほうにも行ってみようかとおもったけど
ダメだ、光がまぶしすぎる(太陽は出てないけど)
中に戻りましょう( ´△`)
DSC07707.jpg

クッシーの像が隅に追いやられてる
まぁ、これはひどい出来だったからね~
しょうがないかも( ´△`)
DSC07711.jpg

斜里岳はまだ冠雪してないようだね
DSC07705.jpg

そんなこんなでやっと帰路に着きました
まさか9月に雪焼けするとは思わなかった
サングラスって大事だね( ´△`)


2019-09-26(Thu)
 

沼ノ平②

愛山渓まで4,6k
まだけっこうあるね( ´△`)
DSC07664 - コピー

道がひどくて全然進まないという
DSC07665 - コピー

もう川状態
DSC07669 - コピー

やっと木道にきました
が雪で滑るね
DSC07670.jpg

沼まできました
山はキレイだけど紅葉はいまいち
DSC07671.jpg

いつもなら写真を撮る人がいっぱいだけど
誰1人いない
DSC07673.jpg

木道も水没してるし
プカプカ浮いてるのもある
DSC07676.jpg

ここからの景色、めっちゃキレイなんだけど
今日はくすんでます
DSC07679.jpg

水に写る雲がキレイ
DSC07680.jpg

整備もしたらしいんだけど
ここよりもっとやるところがあるだろう( ´△`)
DSC07681.jpg

雪解け水で増水してる( ´△`)
DSC07683.jpg

来年は松仙園からの道が復活するらしい
DSC07684.jpg

田んぼじゃない
これじゃ誰も来ないね
DSC07689.jpg

ここでズルっと滑って転んだ( ´△`)
この長靴溝が浅くて泥には向かないんだよね
そろそろ寿命か
DSC07690.jpg

ゴール、16時半
愛別岳に行かないでこの時間ということは
かなり手こずったってことだね
DSC07696.jpg

温泉は入りません、
狭いから混んでると思う
DSC07697.jpg

ポールは前の歩いてた人のものでした
ザックに刺してのが落ちたらしい
フェイスマスクはわからないので玄関のところに置いていきましょう
もしかしたら温泉に入ってるかもしれないからね

靴も洗いましょう
DSC07698.jpg

明日も一応どこか行こうかと思ってるけど
足首がかなりやられてるね
層雲峡まで行って温泉に入りそれから考えましょう( ´△`)

~つづく~


動画を作ってから気づいたけど
愛別岳の動画もアクションカメラで撮ってたのを思い出した( ´△`)
8倍速

2019-09-25(Wed)
 

沼ノ平

安足間から当麻岳へ
裾合平がみえてきた
これって大塚、小塚だよね
紅葉のイメージしかないからわかりずらい
DSC07605 - コピー

中岳温泉方面
単眼鏡でみたら人がポツポツ歩いてた
DSC07607.jpg

水分には困りません
つららを食べればOK
DSC07611.jpg

ハイマツの上に雪がかぶってスポンジのようになってておもしろい
油断するとまたズボッとはまるけど
DSC07618.jpg

忘れ物、富士ヒルクライムって自転車の大会だよね
そんな人が来てたんだろうか
今日のだと思うんで下まで持っていきましょう
DSC07623.jpg

岩峰は横をトラバース
DSC07619 - コピー - コピー

沼がみえてきました
DSC07631.jpg

ハイマツがひどい
下りだからいいけど登りだったら撤退してたかも
DSC07639 - コピー

旭岳もみえてきた
DSC07641.jpg

声が聞こえてきたとおもったら分岐だね
姿見からここの沼を見にきた人達のようです
DSC07642.jpg

まだお湯があるんでコーヒーを飲みましょう
DSC07645.jpg

沼の雲が映っていいかんじ
DSC07646.jpg

ここからはまたグチャグチャ道になるんで
また長靴に替えます
DSC07650 - コピー

やっぱりひどいね~
シャーベット状なんで全然流れないで溜まってる
DSC07651.jpg

長靴でもひざが濡れるという
夏靴の人達は悲惨なことになってると思う
DSC07652.jpg

沼が近づいてきました
DSC07653.jpg

ポールの下を発見
無くなっても取りに戻る気力もないんでしょう
これも持っていくか( ´△`)
DSC07662.jpg

道がひどいんで笹薮を歩いてるようです
まぁ、そのほうがずっと歩きやすい
DSC07663.jpg

~つづく~



2019-09-24(Tue)
 

安足間岳

9月21日

愛山渓の登山口に着くとスキーを背負った人が出発していきました
どんだけ~( ´△`)
DSC07527.jpg

準備をしてると話しかけてくる人が
雪でヤバいんで皆に声掛けしてるようです
DSC07528.jpg

警察の注意書きもある
でもここは黒岳や旭岳と違って観光客がついでに登る場所じゃないから
軽装の人はいないです
沼巡りの人はいるかもだけど、観光客ではないしね
DSC07531.jpg

6時45分スタート
風もなく登山日和です、だから来たんだけど( ´△`)
DSC07529.jpg

この辺の紅葉もキレイなんだけどまだだね~
太陽も出てきました、上に行くまでに登山道の雪を溶かしてくれ( ´△`)
DSC07539.jpg

先日、橋を替えたらしいです
鉄って案外弱いよね、
重いから撤去もできないし
DSC07535 - コピー

滝コースは行けないので三十三曲がりを行きます
名の通りずっとジグを切ります
DSC07537.jpg

もう雪がでてきた、けっこう下まで降ったんだね~
DSC07542.jpg

愛別岳かな、真っ白だね
DSC07547.jpg

雪で笹が倒れてる
これが厄介なんだよね
DSC07546.jpg

渋滞してる?藪がジャマしてるのかな
DSC07550.jpg

上に抜けたようです、でもグチャグチャだね~
ここから一旦下がるんだよね
DSC07552.jpg

長靴に変えましょう、ホントは帰りの沼コースではこうと思ってたけど
ちょっとひどいんでね
DSC07555.jpg

一応紅葉を見に来たんでこういうのも撮らないと( ´△`)
DSC07560.jpg

また詰まってる、岩の上に雪があるから
滑るんだね
DSC07562.jpg

ここからはずっと雪っぽい
DSC07563.jpg

下がみえてきた
沼が真っ白、この色合いは初めてみたね
DSC07568.jpg

もう道は隠れてないです
でも足跡があるから楽といえば楽
DSC07573.jpg

たまにズボッとはまります
スノーシューレベルだね( ´△`)
DSC07575.jpg

ベンチでパン休憩
DSC07577.jpg

さっき抜いた人達もきたね
DSC07578.jpg

永山岳への登り、これは雪焼けするね~
サングラス持ってこなかった( ´△`)
DSC07584.jpg

上は雲が流れ込んでる
DSC07585.jpg

永山岳、ここは通過点
DSC07587 - コピー - コピー

愛別岳も見える、すっかり雪山だ( ´△`)
DSC07588.jpg

これは安足間岳
もう雪庇ができてるじゃない
DSC07589.jpg

安足間に標識はないです
下に分岐があるだけ
DSC07593.jpg

誰か行ってたら愛別岳も行こうかなとおもってたけど
誰もいってない、ラッセルだと一体どのくらいかかるのか
やめましょう( ´△`)
DSC07600.jpg

比布岳すら誰も行ってないし
DSC07596 - コピー

ご飯にしましょう、
今日はボトルにお湯入れてきた
DSC07598.jpg

飯食ってるうちに誰もいなくなった
オレが最後だね( ´△`)
DSC07599.jpg

下山します、まず当麻岳に行きます
このあたり迷うんだよね、
今日は足跡があるからいいけど
ちょっと吹雪いたらホワイトアウトになるとおもう
DSC07603.jpg

~つづく~



2019-09-23(Mon)
 

峠の湯

9月21日

今日は昨年、林道の崩落で行けなかった沼ノ平にいきます
前日上川までいきます
雨が降ったりやんだりで虹が何回も出てました
DSC07522 - コピー

途中峠の湯へ
何?泉質が変った
入ったかんじ特に変ってないね、
でも露天風呂がいやに透明だったからそれがそうなのかな?
言われないとわからないね
山花リフレみたく無色が茶色に変ったのにはびっくりしたけど( ´△`)
DSC07523.jpg

食事セットにしました1000円
味噌ラーメンが500円なら安いね~通常は800円、
いなりが付いてるのもうれしい
DSC07524.jpg

出たらもう真っ暗
かなり陽が短くなりました( ´△`)
DSC07525.jpg

何この車、ステッカーだらけ
これだけ後ろ見えないんじゃ危ないでしょう( ´△`)
DSC07526.jpg

層雲峡なら石北峠だけど上川なんで紋別道で行きます
コンビニで食料を買ってインター近くの駐車場で車中泊
ここはトラックが多いよね、
知ってる人は使ってるけど
穴場なんであまり公表しないでおきましょう( ´△`)

~つづく~







2019-09-22(Sun)
 

斜里岳③

斜里岳をあとに温泉へ
来運神社にも寄って行きましょう
DSC07516.jpg

で足を冷やす( ´△`)
DSC07517.jpg

水も汲もうかとおもったけど
ペットボトルをいっぱい持ったおじさんがきたのでやめます
車にもまだまだある、風呂でも焚くのか
人間タダとなると必要以上にがんばる?人がいるよね
DSC07520.jpg

パパスランドに行って温泉に入ります
足の裏に水膨れができてたね
破れなくてよかった( ´△`)

その後レストランへ
前にスープカレーを食べて辛くなかった(むしろ甘かった)
ので激辛を食べてみます
IMG_4404.jpg

めっちゃ辛い、なぜか並と激辛しかない
コクがある辛さじゃなくて刺すような辛さで唇が痛くなる
水を5杯くらい飲んだね、スープは残した

もう2度と食わね、
3度目か( ´△`)


2019-09-17(Tue)
 

斜里岳②

ここの水がなくなってる
DSC07465 - コピー

川を堰き止めて1つの流れにしたんだね
でも大雨降ったらまた氾濫するような気がする
DSC07466 - コピー

最後の渡渉で顔を洗いましょう
登山口にはいかないからね
DSC07470 - コピー

で旧登山口にでました
まだ13時、14時までには来たかったからまだ余裕があるね
DSC07472 - コピー

ここで濡れた靴下と中敷きを替えてしばし休憩
DSC07474 - コピー

後ろにいた3人が追い付いたね
がんばったがんばったといってる
もうゴールみたいもんだからね
DSC07475 - コピー

オレはこれからが本番( ´△`)
清岳荘には行かず
DSC07476 - コピー

ここをまっすぐ行きます
DSC07478.jpg

でここに出る、
DSC07479.jpg

ここからは下りなんで走ります
といっても駆け足程度
DSC07480.jpg

自転車の時はあっという間だけど
そこそこある( ´△`)
でここの林道に入ります
DSC07481.jpg

川里林道だったかな
DSC07482.jpg

ミラーで自撮り
DSC07483.jpg

ここからは誰もいません、たまに林業の人が使うだけ
熊が出ないように鈴をガンガン鳴らしていきます
鹿が横切ってビビった( ´△`)
DSC07485.jpg

自転車の時は下りだったイメージだったけど
けっこう上りじゃない、歩きと時間の感覚が違うんだね
DSC07486.jpg

テープがあるもしかして道がある?
実はここから藪をいけば近道なんだよね~、たぶん1時間は違う
みてみたら違った、林道の中間点って書いてただけ( ´△`)
DSC07488.jpg

さすがにここは行けないわ~
熊の巣でもあったら終わりだし( ´△`)
DSC07490.jpg

これは何だろう、木材置き場だね、たぶん
このあたりから下り
でも足の裏が痛くなってきて走れない( ´△`)
DSC07491.jpg

しばらく行くと
あらー、やっぱりいるんだね、木の実を食べてるんじゃないかと
DSC07493.jpg

これもそれっぽいけど古いものかな~
DSC07495.jpg

ザックの横に付けてたスプレーを出しておきましょう
何々?ストッパーを外して熊の鼻先に向けて噴射してください?
その前にやられてるわ!( ´△`)
DSC07496.jpg

しかし長いわ~
景色も同じだから飽きるし
DSC07497.jpg

長靴が1つ、ヤツにやられたんでしょう(゚д゚)
DSC07501.jpg

開けてきたら分岐です
DSC07502.jpg

ここからは車も通る林道
DSC07504.jpg

やっと看板まできた、あと2.8km
けっこうあるじゃない( ´△`)
DSC07505.jpg

ここからは登り
自転車で来た時これが大変だったんだよね~
結局ずっと押して歩いたから歩いても変わんないじゃないかと思い今日に至る
DSC07507.jpg

足も痛いし、影もヨロヨロしてるね( ´△`)
DSC07509.jpg

見えてきた、
DSC07510.jpg

ゴール、時間は15時30分
林道は2時間半かかった( ´△`)
DSC07511.jpg

結局、山が9kmで林道が11km、で20km。
ニペソツと同じ距離じゃない
足が痛い分、ニペソツよりキツイ( ´△`)

歩いたログ
なんか土器みたいだ
IMG_4406.png

冷蔵庫のコーラまだ冷たい
DSC07513.jpg

結局、1日雲はとれなかったね
斜里岳は紅葉の時にもう1回来れるかどうかだね
DSC07515.jpg

周回はもうやらんけど( ´△`)

~つづく~


2019-09-15(Sun)
 

斜里岳

9月14日

今日は斜里岳に行きます
忙しくて前乗りはできなかったので朝に出発
今回は前に自転車でやった斜里岳周回をやってみます

まず三井コース登山口へ
くっきり見えてるじゃない
でも今日は昼頃から曇りの予報
IMG_4392.jpg

鹿ゲートを行きます
紐でしばってる、フックがなくなったんだね
DSC07410.jpg

駐車場には1台いて、すぐに出発していきました
5月に書いたオレの名前がまだある
そんだけ登山者が少ないということでしょう
8時スタート
DSC07412.jpg

今回はトレランシューズでいきます、後半走るからね
まずゴロゴロした道
ローカットなので捻挫をしないようにしないとね
DSC07414.jpg

花はほぼなくキノコばかり
DSC07421.jpg

若干紅葉してきるけどまだだね
DSC07422.jpg

登山にはちょうどいい気温、どんどん高度を上げていきます
DSC07425.jpg

後ろが見えてきました
がだんだん風が強くなってきて大きい木も揺れだしてる
上は大丈夫か
DSC07428.jpg

ガマ岩まできました、ガスもでてきてだんだん寒くなってきた
DSC07433.jpg

ピークはすっかり雲の中
これはきびしいかも
DSC07434.jpg

稜線にでたらすごい風で立ってられない
四つん這いですわ( ´△`)

DSC07437.jpg

この先突風ありってずっと爆風なんだけど( ´△`)
DSC07438.jpg

ワイヤー場も怖いです
DSC07439.jpg

でも先行者は戻ってこないね~
崖から落ちて死んでるのかな(゚д゚)
DSC07440.jpg

しばらく行くとカランカランと鈴の音が
ピークに行ってきたみたい
上は大丈夫でしたか?と聞くと
大丈夫、大丈夫って言ってたね
でも上下カッパ、目だけ出しての完全防備( ´△`)

痩せ尾根で危険ではあるけど岩だけというのは
何か所かであとはハイマツとか雁木があるから
それをつかみながら行けばなんとかなります
ここが最後の登り
DSC07441.jpg

ピークにでました、誰かいる
写真を撮るのに苦労してるようです
DSC07442.jpg

オレは自撮りしないんで動画だけ撮って
さっさと下山します
連休のせいかこんな暴風でもけっこう登ってきてるね
神社でお参り

DSC07443 - コピー

馬の背もすごい風
DSC07445.jpg

ガスだからまだいいけど
雨だったら低体温症になるね
DSC07446.jpg

上二股まできました、ここでやっと休憩
まだ11時過ぎ
旧道を行きます
DSC07447.jpg

登山靴よりトレランシューズのほうがグリップがいいです
DSC07451.jpg

水量は若干あるけど増水はしてないね
DSC07450.jpg

竜神の滝
今日は竜神の池は行きません
時間がないからね
DSC07452.jpg

万丈の滝
DSC07455.jpg

見上げ石
誰か登ってきてるね
DSC07456.jpg

その後も何人かきたけど誰も挨拶しないで頭だけ下げてる
もしかしたら耳が聞こえない人達かも
それはいいとしてもう少し早い時間に出発したほうがいいとおもう
これからピークならギリギリだとおもう
DSC07457.jpg

サンショウウオの産卵場が土で埋まってる
少し掘っておきましょう
DSC07459.jpg

トレランシューズは水はけがいいんで
もっとジャブジャブ行く予定だったけど
思ったより濡れないね(底は濡れてる)
靴が軽いから岩飛びができるし
DSC07462.jpg

水場、さすがにフキはもうないね
もう秋だからあえてここの水を飲む人もいないでしょう
また来年だね( ´△`)
DSC07463.jpg

下二股で休憩
おにぎり食べましょう、ここまでチョコしか食ってないからね
DSC07464.jpg

~つづく~

2019-09-15(Sun)
 

サバ

9月7日

今日も沖に行ったので竿を出してみます
すると入れ食い、まじかこれは忙しい
5匹くらいかかってくる
でもサバは横に走るから仕掛けが絡むと嫌なんで
できるだけ2匹くらいであげます

でも入れ食いは最初だけだったね
サバもこれはエサじゃないと学習するんだろうか( ´△`)
当たりがなくなったのでやめます
結果サバばかり41匹

なんとなく今年は型が大きい気がする
今度は少し大きめのハリにしよう
カキはというとまだまだだね
海水が手でさわってもぬるいんだよね
これが冷たくなるとサバがいなくなりチカになるんだと思う
IMG_4390.jpg

こういうキレイな目をみると
店でみる活きの悪い赤い目のやつは買いたくなくなるよね
IMG_4391.jpg

切り身は買うけど( ´△`)




2019-09-11(Wed)
 
プロフィール

はまちゃん

Author:はまちゃん
夏は登山

摩周岳・西別岳・藻琴山・サホロ岳・雌阿寒岳・阿寒富士 雄阿寒岳・白湯山・辺計礼山・白雲山・天望山・東雲湖・武華岳 黒岳・桂月岳・旭岳・武佐岳・斜里岳・武利岳・仁頃山・標津岳 東ヌプカウシヌプリ・西ヌプカウシヌプリ・原始が原・上ホロカメットク・十勝岳・岩石山・トムラウシ・平山・比良麻山・羅臼岳・お鉢平・北鎮岳・剣山・ニペソツ・永山岳・比布岳・安足間岳・白雲岳・緑岳・赤岳 当麻岳・沼ノ平・高原沼・ウペペサンケ・アトサヌプリ・美羅尾山・姿見駅・黒岳駅・雨竜沼湿原・芦別岳・利尻富士・南斜里岳・中斜里岳・東斜里岳・十勝幌尻岳・伏美岳・アポイ岳・富良野岳・美瑛岳・羊蹄山・駒ヶ岳・アンギラス・ニセイカウシュッペ・愛別岳・石垣山・音更山・紅葉谷・三国山・ベベツ岳・オプタテシケ山・小泉岳・大樹山・パノラマ台・富良野西岳・忠別岳・礼文岳


-BC-
美羅尾山・藻琴山・北大雪天狗岳・津別峠・サマッカリヌプリ・黒岳・赤岳・十勝岳・凌雲岳

冬はボード

ビラオ・阿寒湖畔・阿寒ロイヤルバレイ・鶴丘・
メビウス 若松・北大雪・金山・津別・糠平・サホロ・
トマム・メムロ 白銀台・マウントレースイ・日勝
・旭岳・カムイスキーリンクス
比布・富良野・国際・ニセコ・キロロ・オーンズ・
テイネ 盤渓・藻岩山・ルスツ・真駒内・ピヤシリ・黒岳・明野ヶ丘・レークビュー・明野ヶ丘・ウナベツ・ほろたち・夕張マウントレースイ

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

はまちゃん

Author:はまちゃん
夏は登山

摩周岳・西別岳・藻琴山・サホロ岳・雌阿寒岳・阿寒富士 雄阿寒岳・白湯山・辺計礼山・白雲山・天望山・東雲湖・武華岳 黒岳・桂月岳・旭岳・武佐岳・斜里岳・武利岳・仁頃山・標津岳 東ヌプカウシヌプリ・西ヌプカウシヌプリ・原始が原・上ホロカメットク・十勝岳・岩石山・トムラウシ・平山・比良麻山・羅臼岳・お鉢平・北鎮岳・剣山・ニペソツ・永山岳・比布岳・安足間岳・白雲岳・緑岳・赤岳 当麻岳・沼ノ平・高原沼・ウペペサンケ・アトサヌプリ・美羅尾山・姿見駅・黒岳駅・雨竜沼湿原・芦別岳・利尻富士・南斜里岳・中斜里岳・東斜里岳・十勝幌尻岳・伏美岳・アポイ岳・富良野岳・美瑛岳・羊蹄山・駒ヶ岳・アンギラス・ニセイカウシュッペ・愛別岳・石垣山・音更山・紅葉谷・三国山・ベベツ岳・オプタテシケ山・小泉岳・大樹山・パノラマ台・富良野西岳・忠別岳・礼文岳


-BC-
美羅尾山・藻琴山・北大雪天狗岳・津別峠・サマッカリヌプリ・黒岳・赤岳・十勝岳・凌雲岳

冬はボード

ビラオ・阿寒湖畔・阿寒ロイヤルバレイ・鶴丘・
メビウス 若松・北大雪・金山・津別・糠平・サホロ・
トマム・メムロ 白銀台・マウントレースイ・日勝
・旭岳・カムイスキーリンクス
比布・富良野・国際・ニセコ・キロロ・オーンズ・
テイネ 盤渓・藻岩山・ルスツ・真駒内・ピヤシリ・黒岳・明野ヶ丘・レークビュー・明野ヶ丘・ウナベツ・ほろたち・夕張マウントレースイ

検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR