FC2ブログ

スーパーホテル北見

斜里岳をあとに北見へ
車中泊でもいいんだけど先週北見マラソンが台風で中止(2年連続)
その時ホテルにとまる予定だったので今週泊まればいいかなと( ´△`)

その前に温泉、ホテルのは狭いからね
のつけの湯、野付とは関係がなく
のんびり、つやつや、けんこうに という意味だそうです
まぎらわしい( ´△`)
DSC08301.jpg

スーパーホテル
街中なんで駐車料金とられます
DSC08308.jpg

一番安いおまかせプランにしたらロフトタイプ( ´△`)
DSC08302.jpg

窓からの景色
北見といったら焼き肉だよね
外に出てみます
DSC08304.jpg

閑散とした繁華街を歩き
DSC08307.jpg

焼き肉といえば4条ホルモンが有名
ということでホルモンにします

ローソンの( ´△`)
DSC08309.jpg

凍ってるだけでそんなに量は多くないんで
野菜も入れましょう( ´△`)
DSC08310.jpg

ビールも飲んで就寝
DSC08311.jpg

寝ると圧迫感がある( ´△`)
これ壁に折りたためればいいのに
IMG_4546.jpg

そうすると強度の問題とかが出てくるか
どうでもいいね( ´△`)

~つづく~



スポンサーサイト



2019-10-29(Tue)
 

斜里岳(動画)

2019-10-28(Mon)
 

斜里岳②

まず急登を下りてきました
ちょうどコース上にハイマツがあるからいいけど
なかったらかなり危ないと思う
DSC08265.jpg

ワイヤー場、先日ルパン(犬)も来たとか
ワイヤーを掴むこともできないのによく来れるね
犬に高所恐怖症ってないんだろうか( ´△`)
DSC08264.jpg

隣の斜面がカラフル
ハタハタの卵みたいだ( ´△`)
DSC08271.jpg

枯れ沢まできました
靴の底が薄いので足の裏が痛い
玉石があるということは昔は川だったんだろうか
水が流れてたらどっちも沢コースになってたのに( ´△`)
DSC08279 - コピー

陽がさして朝とはまた違ったかんじ
DSC08282 - コピー

ゴール、こっちからは誰もいませんでした
DSC08289 - コピー

来運神社に行きます
この橋もボロボロ、手すりはヤバいです
DSC08291 - コピー

最近けっこうお供えものがおいてあるよね
DSC08294.jpg

羊羹はダメじゃない?カラスがやってくる( ´△`)
DSC08295.jpg

ここの絵馬は斜里の道の駅で売ってるんだね
ほとんど道外の人達
まさかオレに物色されてるとも知らずに( ´△`)
DSC08296.jpg

ここの紅葉は緑がキレイなんだよね
DSC08292.jpg

ここのツタは見事にキレイ
1本くらいならみるけど
こんなにそろってあるのはここくらい
IMG_4538.jpg

池に映ってのもきれい
魚もいます
IMG_4541.jpg

ペットボトルに水を入れていきましょう
またいる、大量に汲んでいく水泥棒が( ´△`)
DSC08290.jpg

今日は北見にホテルをとったんで急いでいきます
IMG_4545.jpg

~つづく~


2019-10-25(Fri)
 

斜里岳

10月21日

今日は斜里岳に行きます、最後は恒例?の三井コースから
ホントは藻琴山からの日の出も見ようかなとおもったけど
天気がいまいち、朝のうちはまだ雲があるみたいなのでやめます

まだ山だけ雲がかかってる
晴れる予報を信じていきます
DSC08184.jpg

先日冠雪したみたいだけど
昨日の雨と気温で溶けたんじゃないかと
でも上のほうはわからないのでピッケルストックと
DSC08188.jpg

スパイクで行きます
アイゼンはあるけど岩場は逆に危ないからね
すでに落ち葉が刺さってる( ´△`)
DSC08186.jpg

まず玉石の道
DSC08190.jpg

紅葉もあります
DSC08192.jpg

もう終盤だけどね
DSC08198.jpg

下が濡れてて滑る
DSC08205.jpg

後ろが見えてきた
DSC08210.jpg

知床はまだ雲がかかってるね
DSC08211.jpg

笹が濡れててズボンが濡れる
でも日が出てるので渇くとおもう
DSC08213.jpg

ガマ岩、しばし休憩
DSC08215.jpg

雲がとれたね、雪もないみたい
DSC08220.jpg

ハイマツ帯をいきます
光に向かって登るかんじ
DSC08224.jpg

ここからは稜線歩き
風もほぼない
DSC08230.jpg

ワイヤー場も濡れてないので問題なし
DSC08234.jpg

日陰は若干雪が残ってる
DSC08237.jpg

知床連山もみえてきた
DSC08227.jpg

ここからが三井コースの楽しい?ところ
天気がいいんでまたザックに棒を刺して撮影します
DSC08240.jpg

着きました、ちょうど12時
ペンキがはがれて元の色がでてきてる
春にはどうなってるか( ´△`)
DSC08259.jpg

今日は誰もいません
DSC08261.jpg

と思ったら神社に誰かいるね
ちゃんと仁礼して手を打ってる( ´△`)
DSC08243.jpg

野付半島もみえる
DSC08247.jpg

摩周湖
DSC08249.jpg

南斜里岳も行ってみたいけど
途中の岩峰がヤバいんだよね
DSC08256.jpg

たぶんこれ
DSC08257.jpg

今日もお湯持ってきたのでカレー
それもスープカレー
でもカップ麺のカレーってほぼスープだよね
それよりお湯がちょっとぬるい
6時に入れてきたからさすがに6時間経つとね
バリかただね( ´△`)
DSC08254.jpg

下山します
DSC08261.jpg

~つづく~


2019-10-23(Wed)
 

雌阿寒岳③

マラソンの練習もしたいんでまた湯の滝に行く予定だったけど
なんか足の裏が痛いし時間も微妙なんでやめて
白藤の滝に行ってみます

国道沿いに小さい看板があるだけなんで見落とすかも
少し林道を行くと広場があるそこから歩きます
DSC08155.jpg

けっこうな坂
サンダルとかはムリ
滅多に人もこないんで鈴も鳴らします
DSC08156.jpg

落差もそこそこある
クテクンと同じくらいかな
DSC08157.jpg

紅葉もちょこっとある
滝自体が白藤に見えるのかな~
よくわかりません( ´△`)
DSC08158.jpg

帰り際、そういえば雌阿寒は夕日が沈む数分だけ
赤く染まるというのを思い出す
ちょうど陽が沈む時間なんで戻ってみます

若干赤いけどまだだね
DSC08159.jpg

タイムラプスが撮りたいんで
カメラをセット
が100均の三脚なんで不安( ´△`)
風が吹いたら落ちそうなんで軽く手で押さえます
DSC08161.jpg

だんだん寒くなってきたけどここを離れるわけにはいかない
そのうち赤くなってきたのでがんばって撮ります
結局20分くらい撮ったけど
赤くなったのは10分くらいじゃないかな
DSC08163.jpg

帰ろうとしたら団体がバスでやってきた
残念でした、あと10分遅かったね
というかちゃんと日没の時間くらい調べないと
お金とってるんだから( ´△`)
DSC08175.jpg

と思ったら月が出てきた
途端にガイドが「皆さん、月が出てきました
これはレアですよ、写真撮りましょう」
って言いだした( ´△`)
DSC08168.jpg

DSC08174.jpg

その後は昭和の大喜湯に入ります
そういえば新しいラーメン屋が入ったので食べてみます
なんとネギだけというシンプルさ
よほど味に自信があるんだとおもう(チャーシューと煮卵付きもある)

見た目に反してスープはしっかりしてるね
魚介系かな、
ただ風呂屋の食堂でこだわりラーメンは流行るかな~
もっと子供から大人までたべれるメニューにしたほうがいい気がする( ´△`)
DSC08176.jpg

説明文もあった
DSC08178.jpg

スタンプもある
10個たまると入浴無料?
ラーメンじゃないんかーい( ´△`)
DSC08177.jpg

夕日のタイムラプスだけど
編集ソフトをDLしないとダメらしい(英語)
せっかく撮ったのに( ´△`)

2019-10-15(Tue)
 

雌阿寒岳②

下山します、というかまず雌阿寒の登りだね
剣が峰の裾
DSC08053.jpg

登山道に合流
ここが一番低いところかかな

DSC08057.jpg

ヒラヒラ女とスライド
サングラスに右手には棒っきれ
日本人ではないです
なぜスカート、なぜ阿寒湖コース( ´△`)
DSC08063.jpg

昼からは若干風が出てきたかな
DSC08068.jpg

雌阿寒、このプレートがんばってるね~
新しくしないんだろうか
DSC08072.jpg

ここからも阿寒湖は見えるんだけど
遠いからもやってるよね
DSC08071.jpg

アローン岩
DSC08075.jpg

ここにケルンがあっても意味ないと思うけど
人はマネをする生き物なんだね( ´△`)
DSC08081.jpg

何か動いてるとおもったらエゾリス
けっこうでかい、ウサギかとおもった( ´△`)
DSC08094.jpg

硫黄の匂いがしたらゴール
DSC08102.jpg

ゴールじゃないね
この水って飲めるんだろうか、ちゃんと出る
ちょっとだけ飲む、スポドリがクソ不味いからね( ´△`)
DSC08103.jpg

散策路はいかないで舗装を行ってみます
ほぼ下りだし、散策路はけっこうなアップダウンで時間がかかるからね
DSC08105.jpg

たまに紅葉もあります
DSC08107.jpg

こっちから行くと錦沼が見れます
オレンジ色の沼っていうけど
DSC08108.jpg

まぁ汚い沼ですわ( ´△`)
鉄分が色に出てるんだとおもう
DSC08112.jpg

で周遊コースに入ります
DSC08117.jpg

錦沼の水が流れ込んでるところ
やっぱり赤いね、オレンジか( ´△`)
DSC08121.jpg

倒木がいっぱい
DSC08129.jpg

DSC08125.jpg

たまにキレイなのもある
DSC08137.jpg

この倒木、沈んだのかな、
前はもっと見えてたはず
DSC08139.jpg

キャンプ場にでました
DSC08146.jpg

ここはキャンプファイヤーをやってたところ
今はたき火を囲むところってかんじだね
DSC08147.jpg

ここは静かでいいところだとおもう
値段も安いし
でも圏外なんでスマホ中毒の人は無理かも( ´△`)
DSC08148.jpg

テーブルも落ち葉だらけ
DSC08149.jpg

戻ってきました、もう誰もいない( ´△`)
DSC08151.jpg

冷蔵庫にネクター
濃くてうまいね~、今日はうっすいスポドリだったからね( ´△`)
DSC08152.jpg

風がでてきて映りがいまいち
朝に撮っとけばよかった
鏡のようだったのに( ´△`)
DSC08153.jpg

~つづく~
2019-10-14(Mon)
 

雌阿寒岳

10月10日

週末は台風らしい
ということで紅葉ももう終わりかなと( ´△`)
雌阿寒岳に行くことにします

阿寒横断道路からの雄阿寒岳
DSC07978.jpg

セブンでアクエリアスを買おうとしたんだけどめっちゃ高い
こんなに高かったっけ?増税?
セブンブランドのスポドリもないんで水を買います
たしかパウダーが車にあったはず

キャンプ場から行きます
お盆に珍しく熊が出たらしい
DSC07980.jpg

スポドリの粉がない、まじか( ´△`)
クエン酸の粉はある500mg
なのでそれを入れましょう
めっちゃうすくて不味い、これなら水のほうがずっとまし
でももうこれしかない、今日は1日中これか( ´△`)

まず落ち葉の道を行き
DSC07982.jpg

階段、これいらないんじゃね?
登りずらくて誰も使ってないみたい
DSC07984.jpg

苔を過ぎ
DSC07987.jpg

根っこを過ぎ
DSC07988.jpg

阿寒富士
もう少し早く来たらダイヤモンド富士が見れるかも
誰かみた人いないんだろうか( ´△`)
DSC07993.jpg

オンネトーもみえてきた
外人グループを抜かしたんだけどこっちにくるみたい
阿寒富士知ってるのかな
DSC07995.jpg

下でザックをデポしてたら外人が先に行ったね
ここはトレーニングにはいい坂なんで追いかけます(ΦωΦ)
DSC08001 - コピー

でもオレに気づいたのか、逃げるように登ってる
これは日本人としては負けらんねー(謎
1人女性がいてその人が遅れだしたんでまず抜いて
次は男達と思い、差がなくなってきたところで止まってる
後ろの女性を待つようです
いやたぶん待つふりをして休憩したんだとおもう(ΦωΦ)

ピーク、全く雲がない
風もないのでちょうどいい
持ってきたパンとコーヒーを食べます
DSC08003 - コピー

そのうち外人達がきたね
なに人かはわからんけどアメージング!って連呼してたから
テンションが上がってるのはわかる( ´△`)
DSC08005 - コピー

そのうち日本語のわかる人がやってきて写真いいですか?と
一眼レフじゃない?外人では珍しいね、すると女性は使い捨てカメラを出してきた、
「これも?OK,OK」と言ってそれでも撮りました
写るんです、って久しぶりに見た気がする( ´△`)

下山します、ピークから少し下がったところのほうが
山の裾もみえていいかんじです
DSC08008 - コピー

まだ時間があるので剣が峰に行くことにします
DSC08020.jpg

このへんの白いところは愛別岳に似てます
DSC08022.jpg

天気がいいので剣が峰ではなく向こうあるポコ?に行ってみるいことにします
登らない分、楽です
DSC08024.jpg

ん、熊か、何か木の実でも食べてるようです
カサカサなんで古いと思う
DSC08027.jpg

ザクザクで歩きやすい
DSC08028.jpg

ちょうどこの岩がピークかな
DSC08030.jpg

まだ先にもピークがあるけど
たいして景色は変わらないので今日はここでご飯にします
DSC08031.jpg

横からの剣が峰
DSC08033.jpg

カップ麺だとちょっと多いのでワンタン
DSC08038.jpg

今日は背中にタオル入れてきた
夏なら渇くけど冬は渇く前に体温が奪われるからね
これをすると着替えなくても快適
DSC08037.jpg

ここからだと阿寒湖が全部見える
これはいいところ見つけたね
DSC08036.jpg

フェリーも近いです
DSC08042.jpg

記念に石積んどきましょう
来年まではないと思うけど( ´△`)
DSC08048.jpg

中マチネシリ火口
ここの噴火で阿寒湖とペンケ・パンケに分かれたとか
DSC08049.jpg

もうちょっと近くで見たいけど
あまり目立つと怒られるからもっと人のいない時だね(ΦωΦ)

ここからの雌阿寒もなかなか見れないね
IMG_4480 (1)

~つづく~





2019-10-11(Fri)
 

サバ

10月7日

今日も沖へ
この前出荷したカキがいい値段でいったからね
でもいくらいいモノでもちょっと余ると
すぐに半額以下になるんだよね、それがセリってもんだけど( ´△`)

ちょっと波があって大変
IMG_4468.jpg

でもこのくらいの波なら魚には影響ないでしょう
やってみると入れ食い
やっぱりちょっと型が大きいとおもう
ハリが切れてしまう( ´△`)

30分くらいしたら4本切れた
今度はもっと大きいハリにしたほうがいいね
結果サバ54、ニシン2
IMG_4469.jpg

だいぶ気温も下がってきたので干しましょう
夕方岸壁をみたらチカがいるんでやってみます

そこそこくるね、
でもウグイがうるさい、1/3はウグイかな
チカと違って暴れるし、ハリもはずれにくいんだよね
やめます
結果
チカ29匹、ウグイすぐに捨てるので知らん( ´△`)
IMG_4470.jpg
2019-10-09(Wed)
 

北西別岳②

13時45分下山します
下山というか折り返しだね
太陽がもう低くなってきた
DSC07929.jpg

摩周岳が爆発しなかったらどのくらいの山になったんだろう?
最後の急登がキツいんだけど
人が登ってる山頂は山が噴火して残った淵だよね( ´△`)
DSC07933.jpg

折り返しのほうが地味に登りだと思う
分岐には誰もいません
DSC07938.jpg

展望台には外人カップルがお菓子食べてる
余裕だ、急がないと陽が暮れるのに
DSC07942.jpg

天気が良くなってきた気がする
DSC07943.jpg

カムイシュ、
島だけの高さは30mだけど湖底からの高さは240mだとか
DSC07949.jpg

雲がなくなった、
やっぱりここが写真的には一番いいかな
DSC07948.jpg

斜里岳もまだ冠雪してないね、
もう1回行くつもりなんでまだ降らないでくれ( ´△`)
DSC07953.jpg

登山口、ちょうど家族連れがゴールしたね
DSC07950.jpg

もう夕日になってきた
足長はまちゃん( ´△`)
DSC07952.jpg

ってオレはまだゴールじゃないんだった
わかりずらいけどここが入口
前はコーンポストもなかったから迷う人がいたとか
なんでランチウェイの看板がないんだろう?
ここにこそいるだろうに

DSC07955.jpg

まだ16時前、ここからはクールダウンでゆっくり行きましょう
実際寒くなってきたけど( ´△`)
DSC07956.jpg

ゆっくり行っても30分くらいです
DSC07959.jpg

車がみえてきました、ゴール16時10分、
距離は22kmちょっと、ニペソツより長い、でも時間は半分
山に登ったっていうかんじじゃないからね
それでも舗装道路を走るよりはずっといい( ´△`)
DSC07967.jpg

これは草刈り機の刃じゃない?
DSC07968.jpg

鹿ゲートを通るころには太陽も隠れました
DSC07969.jpg

こんなところに猫
ペットじゃないね、目が鋭い( ´△`)
DSC07972.jpg

硫黄山が見える
もう登山道も草でみえなくなってるかも
ちなみに斜めに走ってるのも登山道
元は硫黄を運んだ道らしいけど
DSC07974.jpg

美留和で水を汲もうとおもったけど人がいる
また焼酎のペットボトルをいっぱい持ってきてる
ここは1ヶ所しが出口がないから時間がかかる
やめましょう( ´△`)
DSC07975.jpg

美羅尾山もみてみます
DSC07977.jpg

ここも景色がいい山なんだけど
入口に人が住んでいて、そこのおばさん?がジロジロみるんだよね
今日もみてた( ´△`)

少し離れたところからなら行けます
ちょっとやぶ漕ぎするけど
ここは暇だったら来ることにしよう( ´△`)

その後標茶の温泉に行きます
カウンターに誰もいない、チャイム?を押しても全然来ない
たぶんレストランが忙しいんだとおもう
お金を置いて勝手に入りました( ´△`)

風呂から上がりレストランで何かたべようかなとおもったら
宿泊者のみになってる
どこも人手不足なんだね( ´△`)



2019-10-08(Tue)
 

北西別岳

10月6日

来週はマラソン大会があるということで
山に行きます、いつも行ってるけど( ´△`)
トレランのできる摩周岳にします

朝、仕事だったんで終わり次第急いで出発
展望台はお金がかかるんで美留和から
11時スタート
ストックは使いません、マラソンの練習だからね
DSC07877.jpg

落ち葉が足にやさしい
でも夏はダニがいるんであまり来たくない
DSC07880.jpg

30分弱で展望台に
すでに汗かいたんでトイレで顔を洗います
DSC07882.jpg

11時半登山口スタート
この時間に出発する人はどこまで行くんだろう
中国人だから適当なんでしょう( ´△`)
DSC07883.jpg

登りは走りません、というか走れません( ´△`)
DSC07887.jpg

ダケカンバがきれい
ちょっと肌寒いけど走るにはちょうどいい
DSC07888.jpg

西別岳がみえてきました、遠いね~
ロングトレイルってかんじだ( ´△`)
DSC07891.jpg

カクテルポイントは撮らないとね
DSC07892.jpg

中間の展望台、摩周岳は長いけどここと分岐しか休むところはありません
DSC07893.jpg

チーズ休憩
DSC07894.jpg

分岐、すげー人がいる
黒人の外人もいる、国際色豊かだ( ´△`)
摩周岳には行きません、ここからのコースが
一番長く走れるところだからね
DSC07895.jpg

笹が光ってキラキラしてる

DSC07898.jpg

西別岳がみえてきました
こっちのコースは人が少ないです
DSC07899.jpg

又牛別岳
DSC07900.jpg

誰か登ってる、今日はこの急登が一番キツイんじゃないかな
DSC07902.jpg

なんかチョロチョロしてる
ネズミかとおもったけどモグラっぽいね
DSC07903.jpg

着きました、時間は13時、ちょうど2時間だね
タイムリミットを14時にしてるのでまだいける
DSC07905.jpg

天気もいいのでリスケ山に行きます
DSC07906.jpg

ここ整備してるのいいんだけど
走りずらいです( ´△`)
DSC07908.jpg

前は直登するコースがあったんだけど
今は立ち入り禁止です
DSC07909.jpg

つきました、誰もいないので動画を撮りましょう
DSC07910.jpg

まだ時間があるので北西別岳にも行きましょう
DSC07912 - コピー

ここはもう10年くらい来てない気がする
ちゃんと笹が刈ってある
でも斜面なんで歩きずらいです
DSC07913 - コピー

ピークも刈ってある
DSC07914 - コピー

標識は古いまま、なんかかじられたかんじにみえる
これはこれで味があるか
利助さんの字だとしたら、残しておいたほうがいいかも
DSC07915 - コピー

ここからみる摩周岳は尖がってる
DSC07917 - コピー

時間は13時半、ご飯にします
またサラダチキン、鶏肉は筋肉にいいらしいんで( ´△`)
まんじゅうは非常食にとっておきましょう
DSC07921.jpg

ピークをみてると何人か人がいるみたい
写真ではわからんけど( ´△`)
DSC07925.jpg

~つづく~


2019-10-07(Mon)
 
プロフィール

はまちゃん

Author:はまちゃん
夏は登山

摩周岳・西別岳・藻琴山・サホロ岳・雌阿寒岳・阿寒富士 雄阿寒岳・白湯山・辺計礼山・白雲山・天望山・東雲湖・武華岳 黒岳・桂月岳・旭岳・武佐岳・斜里岳・武利岳・仁頃山・標津岳 東ヌプカウシヌプリ・西ヌプカウシヌプリ・原始が原・上ホロカメットク・十勝岳・岩石山・トムラウシ・平山・比良麻山・羅臼岳・お鉢平・北鎮岳・剣山・ニペソツ・永山岳・比布岳・安足間岳・白雲岳・緑岳・赤岳 当麻岳・沼ノ平・高原沼・ウペペサンケ・アトサヌプリ・美羅尾山・姿見駅・黒岳駅・雨竜沼湿原・芦別岳・利尻富士・南斜里岳・中斜里岳・東斜里岳・十勝幌尻岳・伏美岳・アポイ岳・富良野岳・美瑛岳・羊蹄山・駒ヶ岳・アンギラス・ニセイカウシュッペ・愛別岳・石垣山・音更山・紅葉谷・三国山・ベベツ岳・オプタテシケ山・小泉岳・大樹山・パノラマ台・富良野西岳・忠別岳・礼文岳


-BC-
美羅尾山・藻琴山・北大雪天狗岳・津別峠・サマッカリヌプリ・黒岳・赤岳・十勝岳・凌雲岳

冬はボード

ビラオ・阿寒湖畔・阿寒ロイヤルバレイ・鶴丘・
メビウス 若松・北大雪・金山・津別・糠平・サホロ・
トマム・メムロ 白銀台・マウントレースイ・日勝
・旭岳・カムイスキーリンクス
比布・富良野・国際・ニセコ・キロロ・オーンズ・
テイネ 盤渓・藻岩山・ルスツ・真駒内・ピヤシリ・黒岳・明野ヶ丘・レークビュー・明野ヶ丘・ウナベツ・ほろたち・夕張マウントレースイ

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

はまちゃん

Author:はまちゃん
夏は登山

摩周岳・西別岳・藻琴山・サホロ岳・雌阿寒岳・阿寒富士 雄阿寒岳・白湯山・辺計礼山・白雲山・天望山・東雲湖・武華岳 黒岳・桂月岳・旭岳・武佐岳・斜里岳・武利岳・仁頃山・標津岳 東ヌプカウシヌプリ・西ヌプカウシヌプリ・原始が原・上ホロカメットク・十勝岳・岩石山・トムラウシ・平山・比良麻山・羅臼岳・お鉢平・北鎮岳・剣山・ニペソツ・永山岳・比布岳・安足間岳・白雲岳・緑岳・赤岳 当麻岳・沼ノ平・高原沼・ウペペサンケ・アトサヌプリ・美羅尾山・姿見駅・黒岳駅・雨竜沼湿原・芦別岳・利尻富士・南斜里岳・中斜里岳・東斜里岳・十勝幌尻岳・伏美岳・アポイ岳・富良野岳・美瑛岳・羊蹄山・駒ヶ岳・アンギラス・ニセイカウシュッペ・愛別岳・石垣山・音更山・紅葉谷・三国山・ベベツ岳・オプタテシケ山・小泉岳・大樹山・パノラマ台・富良野西岳・忠別岳・礼文岳


-BC-
美羅尾山・藻琴山・北大雪天狗岳・津別峠・サマッカリヌプリ・黒岳・赤岳・十勝岳・凌雲岳

冬はボード

ビラオ・阿寒湖畔・阿寒ロイヤルバレイ・鶴丘・
メビウス 若松・北大雪・金山・津別・糠平・サホロ・
トマム・メムロ 白銀台・マウントレースイ・日勝
・旭岳・カムイスキーリンクス
比布・富良野・国際・ニセコ・キロロ・オーンズ・
テイネ 盤渓・藻岩山・ルスツ・真駒内・ピヤシリ・黒岳・明野ヶ丘・レークビュー・明野ヶ丘・ウナベツ・ほろたち・夕張マウントレースイ

検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR