FC2ブログ

シーズン券

5月28日

シーズン券がきました
といってもスキー場のではありません
黒岳ロープウェイのです( ´△`)
IMG_5446.jpg

8000円、ロープウェイとリフト往復で3000円だから
3回行けばいいんだね
あとTシャツもサービス
IMG_5447.jpg

裏側
IMG_5448.jpg

白か、青のほうがよかったけどそっちは販売のみ
今までこんなものはなかったけど
客が激減してるから直近の資金が必要なのかな
自粛が解除してもインバウンドはあてにならないだろうから
日本人を大切にしないとね( ´△`)

あと愛山渓温泉の券も1枚あるけど
なんで黒岳の湯じゃないんだ?
ロープウェイと愛山渓は別の場所だし
たぶん人間関係が絡んでるんでしょう( ´△`)




スポンサーサイト



2020-05-28(Thu)
 

摩周岳②

太陽に暈がかかってる
明日から天気が崩れるらしいからね
DSC00284.jpg

雲は秋のよう
DSC00288.jpg

カクテルポイント
足をつけるとグラスにみえなくもない
ちょっとずれたか( ´△`)
DSC00291.jpg

先に行ったと思ってたひとが道からはずれたところにいる
もしかしてこの人も山菜狙いか
いや違うみたい、湖のみえるところでずっと座ってる
これからの人生についてでも考えてるのかな( ´△`)
DSC00287.jpg

しょうがない、オレはアイヌネギの場所にいきます
あるけど、ちょっと遅いか
いやなんとか大丈夫だね、まだ蕾ができてない
よさげのやつだけ採りましょう
DSC00293.jpg

そのうちさっきの人がやってきた
とりあえず座ってやりすごしましょう
たぶん野〇〇でもしてたと思われたかも( ´△`)
まぁいい、とにかくここにアイヌネギがあるということがバレなければ

袋がいっぱいになったのでやめて
笹のあるところもみてみます
するといいのがある
ここのは群生してないし笹の中なんで鹿にも食べられてない
長ネギでいうと下仁田ネギみたく太い( ´△`)
DSC00294.jpg

もう袋がないんでジャンパーをしばって袋状にして
それに入れましょう、臭くなるけどしょうがない( ´△`)
来る時よりもザックが重くなる

なんか足の裏が痛い
スパイク付きなのはいいけど底が薄いんだよね
なので厚い中敷きを敷いてはいるんだけどそれでも足りない
標高差がないといっても往復14kmだからね

ここまでくればもうゴールしたようなもの
DSC00296.jpg

4時過ぎにはゴール
そしてコーラを飲む
これがオレのルーティーン( ´△`)
DSC00301.jpg

展望台にも行ってみます
いつもなら中国人だらけなのにガラーンとしてる
DSC00302.jpg

さっきの場所とたいして変わらないけど( ´△`)
DSC00303.jpg

ダニもいたんで
標茶の温泉に入って帰ってきました

今日の収穫
IMG_5421.jpg

こっちが極太のほう
IMG_5422.jpg

肉炒めにしました
ネギの存在感がありすぎ( ´△`)
でも食感がいいね
IMG_5423.jpg

次は斜里か
その前に雌阿寒の雪渓も気になる( ´△`)

2020-05-24(Sun)
 

摩周岳

5月22日

今年も夏登山の1発目は摩周岳
というかちょっと遅いかも
去年は連休にきたはず

コロナのおかげ?で駐車料金はなし
でも売店はやってるみたい、ガラガラなのに
DSC00232.jpg

登山者は3台
DSC00233.jpg

10時過ぎスタート、あえて遅くにでます(ΦωΦ)
DSC00236.jpg

エンゴサク、これがいっぱい咲いてたね
DSC00237.jpg

まだ雪渓があるかもしれないんで
スパイク付きのシューズでいきます
DSC00238.jpg

でも登山道にあったのはこれだけ
夏靴でよかったね
DSC00243.jpg

西別岳がみえてきた
遠いわ~、ここは登山というよりロングトレッキングだからね
DSC00247.jpg

天気は薄曇り
DSC00261.jpg

休憩所、
DSC00257.jpg

この看板、新しくなったんじゃない
DSC00262.jpg

ここの看板の先にはこの景色
だから皆入ってくるんだとおもう
DSC00263.jpg

崖でヤバいから立ち入り禁止なんだけど
DSC00264.jpg

ウグイス?
DSC00259.jpg

ピーク、誰もいないと思ったら影にいた、
DSC00268.jpg

摩周ブルー
DSC00269.jpg

斜里はまだ雪
だいぶ解けてはきてるね
DSC00272.jpg

阿寒はもやっててちょっと幻想的
DSC00273.jpg

海側は霧だね
DSC00275.jpg

なんだこれ?もしかして三角点のつもりか
三角点ハンターが置いたのかな~
三角点は測量の地点であって山のピークとは関係ないんだけどね
見晴らしがいいから頂上近くにあるっていうだけ
DSC00270.jpg

動画撮ったりしてたんだけど
なかなか先行者が降りて行かない
ここでご飯とおもったけど風もあって寒いし
分岐まで降りましょう( ´△`)

で遅めのご飯
やっぱりテーブルがあると楽( ´△`)
DSC00280.jpg

そのうち頂上にいた人が抜いていきました
DSC00281.jpg

これでオレが最後だね
これでいい(謎

~つづく~



2020-05-23(Sat)
 

つるつる温泉

朝陽山から下山、
車で休憩してると雨、
けっこうこのパターンが多い、
日頃の行いがいいからだね(ΦωΦ)
DSC00223.jpg

どこか温泉と思い調べた結果
塩別のつるつる温泉がやってるみたい、
17時までということで急いで行きます

ここも久しぶりだね
DSC00224.jpg

マスク着用だって
ここは街はずれだからいろんな街から人が来るということなのかな
札幌以外はとっくに解除してもいいと思うんだけど
逆に田舎で出たらお前のところのせいで
まだ警戒地域になったじゃねーか
と叩かれるから田舎のほうが警戒してるのかも
DSC00225.jpg

温泉は5人くらいかな、露天風呂が広いんでゆっくりできます
名前のとおりお湯はつるつるなんだけど
シャワーも温泉なんで葉を磨くと口の中もつるつる( ´△`)
レストランは休みでテイクアウトメニューがあったので何か買おうとおもってたけど
高いのでやめた( ´△`)

桜もいっぱいあるようです
花見もする場所なのかも
DSC00226.jpg

枝垂れ桜っぽいのもある
よくわからんけど( ´△`)
DSC00229.jpg

その後は美幌峠を通って帰ってきました
早く峠の湯、再開しないかな( ´△`)

朝陽山の動画
2020-05-23(Sat)
 

パノラマ台

朝陽山から下山開始
DSC00181.jpg

道の入口がわからない
足跡があるんでなんとかなるけど
固い雪ならわからないとおもう
こうやって春は道迷いをするんだとおもう
もう少し目印を目立つようにしないと(奥にはあった)
DSC00185.jpg


稜線をしばらく行ったらスパイクあった
なんでもないところで脱げてる
構造的に下りで脱げるんだとおもう
DSC00187.jpg

その後もすぐに脱げる
山では使えないね、外しましょう( ´△`)
DSC00192.jpg

帰りにパノラマ台に寄っていきます
DSC00194.jpg

看板ができたんだ、曲がってるけど
DSC00195.jpg

ここの高度感はすごいです
DSC00196.jpg

コーヒータイム、これおいしいかも
フタのできるのもいいし
DSC00199.jpg

泊まったホテル、三角屋根が特徴
DSC00200.jpg

ロープウェイは閑散としてる
天気も悪しね
DSC00207.jpg

ここで雨がパラついてきた、もう降ってきた?
動画を撮ってさっさと降りましょう
鹿がオレの跡通ったね、
道のほうが歩きやすいんでしょう
DSC00208.jpg

森の中は雨もしのげるので大丈夫
ここは昔の登山道だね、
沢がえぐれてるから何か所かで変わってます
DSC00210.jpg

ほぼ下山したところでクワ発見
まだ新しいんじゃない、これはもらっときましょう(ΦωΦ)
アサリ採りで使えるかも
DSC00211.jpg

桂月のおじさんにも挨拶していきましょう( ´△`)
DSC00216.jpg

氷瀑祭りの残骸
今年は早くに中止が決まったから
赤字だったんじゃないかと( ´△`)
DSC00220.jpg

車に戻り、ガラナ( ´△`)
DSC00221.jpg

~つづく~

2020-05-23(Sat)
 

朝陽山

5月16日

今日は天気が下り坂、雨も降るらしい
ということで朝陽山に行きます

車にスパイクがある
あれか山菜採り用に買っておいたものだね
これを付けてみます
DSC00126.jpg

まず橋を渡ります
DSC00127.jpg

雪解け水で増水してる
DSC00128.jpg

スタート地点は荒れてます
DSC00131.jpg

虫もいるんで今季初
ハッカ油をかけましょう
DSC00133.jpg

ずっと急登なんですぐに汗がでます
階段になってる、ここは去年雪だったところだね
DSC00137.jpg

箱まできた、何か入ってる
ウイスキーの瓶?
DSC00138.jpg

休憩、ちょうどバッグ掛けもある( ´△`)
DSC00139.jpg

ここからは森なんで熊鈴を出します
DSC00140.jpg

山鳩?
この鳥って人の前を歩く気がする( ´△`)
DSC00141.jpg

雪渓も出てきた、スパイクなんで問題ないです
DSC00143.jpg

パノラマ台との分岐
今日はスノーシューがあるんで左へ
DSC00144.jpg

稜線に出た、ここからはゆるいアップダウン
DSC00148.jpg

崖の淵を歩いてるんだね
DSC00154.jpg

落ちたら終わり
DSC00155.jpg

ここでスパイクがないことに気づく
まじか、ゴムで引っかけてるだけだからね
帰りに回収しましょう
DSC00160.jpg

雪がでてきた、ピーク?
DSC00162.jpg

まだだ、ここでスノーシューとおもってたんだけど
なんとか行けそうなんでツボ足でいきます
DSC00165.jpg

向かい合ってる反射板ってはじめてみた
DSC00169.jpg

標識もあるじゃない、
2時間ちょっとだね
DSC00170.jpg

昨日登った黒岳方面
DSC00172.jpg

北鎮岳、滑った跡は
見えないね( ´△`)
DSC00173.jpg

お湯あるんでカップ麺
DSC00175.jpg

ニセカウ方面
今年は登山道復活するのかな~
寄付したんだからしてもらわないと。
3000円( ´△`)
DSC00177.jpg

道は雪でわからないね
頂上の周りは笹刈りしたあとはある
でもあの急登を草刈り機を担いでくるのは
かなり大変だったんじゃないかと
DSC00176.jpg

~つづく~


2020-05-22(Fri)
 

マウントビューホテル

ロープウェイを降り
上で拾ったスマホをスタッフに見せたところ
こちらから警察に届けておきますとのこと
名前も聞かないのかい
もしかしたら金持ちが大切にしてたスマホで
お礼がしたいというかもしれないのに
・・・ないか( ´△`)

今日はまたマウントビューホテルをとってます
前と同じ2食付きなんだけど値段が上がってる
やっぱり前の値段は安すぎたんじゃないかと( ´△`)

部屋は6階
2~3階ならエレベーター使わないんだけど6階は使う
でもエレベーターのボタンは指先ではなく第2関節にしてる( ´△`)
駐車場がみえる、いつもなら車中泊車がいるんだけどね
DSC00123.jpg

山が見えるからこれがほんとのマウントビューだね
DSC00124.jpg

先に風呂に入りビールを冷やしておきます
で部屋に弁当が運ばれてきました
楽しみというのはこのこと( ´△`)
前とはちょっとだけ違うかな
IMG_5389.jpg

茶碗蒸しとデザートがあるというのがいいんだよね
IMG_5391.jpg

味噌汁は飲まずにビール
IMG_5390.jpg

量が多いんで腹いっぱい
疲れもあって9時には寝てたね( ´△`)

次の日
朝食はバイキングじゃなくなった
人数は特に増えてないけどね
コロナ対策かな、なんかしょぼくなった( ´△`)
IMG_5392.jpg

ちっちゃい鍋もあるんだけど
肉が一切れと豆腐、キノコ
これを付けるなら
サラダとか他のものを充実したほうがいいね
IMG_5393.jpg

食後のコーヒーも飲んで戻ります

~つづく~


2020-05-21(Thu)
 

北鎮岳④

最後の黒岳の斜面
ここが一番の難所
ボードならなんとかいけるかもだけど
雪板はムリ、
なので板を横にしてザックに差し込み尻滑り
DSC00109.jpg

左へ左へと行かないとならないので
滑って横移動を繰り返します
DSC00111.jpg

まねき岩は撮っておきましょう
DSC00112.jpg

なんとかコケずにきた
もともと座ってるけど( ´△`)
DSC00113.jpg

足の間に溜まった雪
これがブレーキになったね
DSC00114.jpg

コース上はゆるいんで
立って滑りながらいきます
1回思いっきり転んだ( ´△`)

なんとか間に合ったね、ここで4時10分の改札
少し休んで最終に乗りましょう
DSC00115.jpg

ウエストポーチに入れといた券が濡れてボロボロ( ´△`)
DSC00117.jpg

陽希さんもコロナで停滞してるらしい
山はなんともないだろうけど県を跨いだ移動がダメということらしい
DSC00118.jpg

登山名簿をみたら4~5人は黒岳まで行ったみたい
その先はオレ1人だけ( ´△`)
で最終に乗ります
DSC00119.jpg

帰りもオレ1人( ´△`)
DSC00120.jpg

残ってる車もオレのだけ
横のは従業員の車
DSC00121.jpg

いや~腹減ったね
おにぎりとゼリーしか食べてないからね
パンはあるけどこのあとは楽しみがあるから食べません(ΦωΦ)

2020-05-20(Wed)
 

北鎮岳③

北鎮岳までは夏道を行きます
DSC00047.jpg

所々ぐちぐちゃ
DSC00052.jpg

まわりに木がないせいか雪がキレイ
ちょうど白鳥・千鳥のところを登るかんじ
DSC00062.jpg

溶けてるところは光が反射してまぶしい
雪焼けするね
DSC00064.jpg

だいぶ登ってきた
DSC00065.jpg

上のほうはシュカブラ
DSC00068.jpg

上にでました、黒岳が遠い
DSC00070.jpg

北鎮のピークには行きません
というか時間がなくて行けない( ´△`)
DSC00079.jpg

人がいるのかとおもったけど違う
標柱がエビのしっぽになってるんだ
DSC00080.jpg

愛別岳?この角度からだとすごい尖がってる
DSC00084.jpg

ここでご飯とおもったけど時間がない
360カメラの用意もできないまま下山します
DSC00090.jpg

滑走といっても雪板で滑れるようなレベルじゃないので
まず尻滑りで行って途中から板をソリにしていきます
DSC00091.jpg

あっという間にきた、ここならボードのほうがよかったかも
でもここまでくるのが大変( ´△`)
DSC00092.jpg

白水川をたどってきたんで登り返し( ´△`)
DSC00095.jpg

トイレまできた、けっこう出てるね
DSC00096.jpg

入口の小屋はまだ屋根だけ
DSC00099.jpg

滑ってきた跡、キラキラしてる( ´△`)
DSC00102.jpg

で黒岳登り返し、これがキツイ
時間がないから休むこともできない
腿が攣りそう
DSC00104.jpg

登ってきた、もう15時過ぎてる
ロープウエイの最終は16時半、間に合うのか( ´△`)
DSC00105.jpg

夏ならアウトだね( ´△`)
DSC00106.jpg
2020-05-20(Wed)
 

北鎮岳②


コース内は圧雪されてるんで埋まることはないです
DSC09999.jpg

リフト低いね~
まだオープンまで半月あるからその間に雪も解けてちょうどいい高さになるのかな
DSC00004.jpg

スマホ発見、見たことないメーカー
外人かな?電源は入らないしキズもある
最近のものじゃないね、でも一応持っていくか( ´△`)
DSC00005.jpg

キレイな雪、新雪も降ったんだ
DSC00006.jpg

降り場まできた、ここからはスノーシュー
DSC00007.jpg

トレースがないから大変、オレが道を作らないとならない( ´△`)
DSC00008.jpg

急斜面は1歩1歩
DSC00016.jpg

これでも飲みながらいきます
DSC00010.jpg

やっと黒岳の肩まできた
DSC00023 (1)

ここは少し楽できる
DSC00027.jpg

そしてまた急登、ここも足場を作りながら一歩一歩
DSC00028.jpg

でトラバース、ここで転んだら終わり( ´△`)
DSC00032.jpg

あとは直登するだけ
でもザクザクでけっこう大変
DSC00034.jpg

頂上、夏なら1時間かからないけど
2時間かかった( ´△`)
DSC00035.jpg

おにぎり休憩
しばらくしたら1人登ってきた
ヘルメットに12本アイゼンにアックス
完全にクライマー装備じゃない
いやここはそれくらいしたほういいと思う( ´△`)
ここからはしばらく夏道
DSC00037.jpg

石室はまだ屋根だけ
DSC00038.jpg

凌雲岳はかなり雪がとけてる
去年よりも早いね
DSC00039.jpg

北鎮は真っ白なんで
そっちに向かいます

~つづく~


2020-05-19(Tue)
 
プロフィール

はまちゃん

Author:はまちゃん
夏は登山

摩周岳・西別岳・藻琴山・サホロ岳・雌阿寒岳・阿寒富士 雄阿寒岳・白湯山・辺計礼山・白雲山・天望山・東雲湖・武華岳 黒岳・桂月岳・旭岳・武佐岳・斜里岳・武利岳・仁頃山・標津岳 東ヌプカウシヌプリ・西ヌプカウシヌプリ・原始が原・上ホロカメットク・十勝岳・岩石山・トムラウシ・平山・比良麻山・羅臼岳・お鉢平・北鎮岳・剣山・ニペソツ・永山岳・比布岳・安足間岳・白雲岳・緑岳・赤岳 当麻岳・沼ノ平・高原沼・ウペペサンケ・アトサヌプリ・美羅尾山・姿見駅・黒岳駅・雨竜沼湿原・芦別岳・利尻富士・南斜里岳・中斜里岳・東斜里岳・十勝幌尻岳・伏美岳・アポイ岳・富良野岳・美瑛岳・羊蹄山・駒ヶ岳・アンギラス・ニセイカウシュッペ・愛別岳・石垣山・音更山・紅葉谷・三国山・ベベツ岳・オプタテシケ山・小泉岳・大樹山・パノラマ台・富良野西岳・忠別岳・礼文岳・朝陽山・勝瑛の滝・鋸岳・東岳


-BC-
美羅尾山・藻琴山・北大雪天狗岳・津別峠・サマッカリヌプリ・黒岳・赤岳・十勝岳・凌雲岳・日勝ピーク・トマム山・三国山・旭岳・北鎮岳

冬はボード

ビラオ・阿寒湖畔・阿寒ロイヤルバレイ・鶴丘・
メビウス 若松・北大雪・金山・津別・糠平・サホロ・
トマム・メムロ 白銀台・マウントレースイ・日勝
・旭岳・カムイスキーリンクス
比布・富良野・国際・ニセコ・キロロ・オーンズ・
テイネ 盤渓・藻岩山・ルスツ・真駒内・ピヤシリ・黒岳・明野ヶ丘・レークビュー・ウナベツ・ほろたち・夕張マウントレースイ

FC2カウンター
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

はまちゃん

Author:はまちゃん
夏は登山

摩周岳・西別岳・藻琴山・サホロ岳・雌阿寒岳・阿寒富士 雄阿寒岳・白湯山・辺計礼山・白雲山・天望山・東雲湖・武華岳 黒岳・桂月岳・旭岳・武佐岳・斜里岳・武利岳・仁頃山・標津岳 東ヌプカウシヌプリ・西ヌプカウシヌプリ・原始が原・上ホロカメットク・十勝岳・岩石山・トムラウシ・平山・比良麻山・羅臼岳・お鉢平・北鎮岳・剣山・ニペソツ・永山岳・比布岳・安足間岳・白雲岳・緑岳・赤岳 当麻岳・沼ノ平・高原沼・ウペペサンケ・アトサヌプリ・美羅尾山・姿見駅・黒岳駅・雨竜沼湿原・芦別岳・利尻富士・南斜里岳・中斜里岳・東斜里岳・十勝幌尻岳・伏美岳・アポイ岳・富良野岳・美瑛岳・羊蹄山・駒ヶ岳・アンギラス・ニセイカウシュッペ・愛別岳・石垣山・音更山・紅葉谷・三国山・ベベツ岳・オプタテシケ山・小泉岳・大樹山・パノラマ台・富良野西岳・忠別岳・礼文岳・朝陽山・勝瑛の滝・鋸岳・東岳


-BC-
美羅尾山・藻琴山・北大雪天狗岳・津別峠・サマッカリヌプリ・黒岳・赤岳・十勝岳・凌雲岳・日勝ピーク・トマム山・三国山・旭岳・北鎮岳

冬はボード

ビラオ・阿寒湖畔・阿寒ロイヤルバレイ・鶴丘・
メビウス 若松・北大雪・金山・津別・糠平・サホロ・
トマム・メムロ 白銀台・マウントレースイ・日勝
・旭岳・カムイスキーリンクス
比布・富良野・国際・ニセコ・キロロ・オーンズ・
テイネ 盤渓・藻岩山・ルスツ・真駒内・ピヤシリ・黒岳・明野ヶ丘・レークビュー・ウナベツ・ほろたち・夕張マウントレースイ

検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR